日本の大学を卒業後、アメリカへ大学院留学。アスレティックトレーナーとして、現在はテキサス州ヒューストンにて高校ATCとして勤務中。資格を取ってもまだ日々勉強です。4年ぶりの都会暮らしを楽しんでます☆


by kanaeinoue
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

タグ:高校生 ( 4 ) タグの人気記事

Community Service by Bulldogs

金曜日

朝9時から練習だったはずなのですが、いきなりコミュニティってことで
うちの選手たちが近くのマーケットで氷を配る事に。
まだ、高校があるあたりでは電気が戻っていない場所が多く
食事はおろか、水や氷も手に入らないので、無料で政府?市が配布してるんです。
街の復旧、そしてフットボールチームの盛り上がりも兼ねて
みんながユニホームを着てアピールしつつお仕事。

写真撮って来ました。
わたしの息子たちです(笑)

おっきなトラックにいっぱいのアイスバッグが入ってます
荷下ろしからね
b0058450_1584926.jpg


車を並ばせて、トランクやバックシートに積んであげてます
みんなが並んでて可愛かったw
b0058450_1592727.jpg


ちょっと賢くなって(?)みんなで1列を作って運び始めました
これはもしかしてバケツリレー?!
b0058450_159575.jpg


結局2時間以上こんなことをしてました
でもみんな頑張ってましたよぉ〜
b0058450_203245.jpg


シニアの選手。とってもおっきいのに甘えん坊な可愛い選手です
スマイル♪
b0058450_21536.jpg


ってなことをやってまして、結局練習が始まったのが12時近く。
そして終わったのが3時とかで、選手もコーチもトレーナーの子たちも私も
もうくったくたでした。ごはんを食べてなかったしね。。。
時間がずれたおかげでライドがなかった子たちもいて、何人か送ったしね、、、
高校のまわりがいかに荒れているか、貧しい地域なのか分かりました。
わたしが彼らにできることはなんだろうかなぁ〜って。

で、終わった後、ひとりのコーチが誕生日だったこともあって
いっしょに飲みに行って来ました。初だよ〜ね?
いやいや、楽しかったけど、もーーーみんなフットボールの話ばっか!!
ほんとフットボールバカ。他に何か趣味はないの??って言ったら
うーん、ワークアウト?フットボール観戦??みたいなね。。。
でも、まぁ、シーズン中とか本当に忙しいしね。理解いたします。
いつも見れない一面が見えたりして、とっても楽しかったです。
仲良しで良い事だー。わたしもファミリーに入れてもらえたかな?ってね。
絶対がんばって今年は優勝しましょうううぅう!!

ってことで、長い長い1日でした。
[PR]
by kanaeinoue | 2008-09-27 01:53 | Athletic Training
いよいよ学校が始まり、まだまだスケジュールなんかも把握できていない中で
子供たちの、選手の様子を見るのはけっこう大変なことです。

なんといっても、練習前に時間が25分しかないんですから・・・
授業が終わるのが2:51(51分って。。。)で、ヘッドコーチは練習を
3:15に始める、といってきます。トレーニングルームに来て選手に早くしろ
って言います。すなわち、私たちも急がなければならないわけで。
いろいろ策を考えては見ているけど、まず不可能に近いですね。
これは要相談ということで、せめても3:30にできないかと思ってます。

あとは、もう基本的なことが練習中にも、それ以外のところでも
理解してもらえてないのだな〜と思う事があって。
まだまだ始まったばかりなのですが、ちょっとずつ改善していかないとね。
今までほぼゼロだった状態からいきなり10は変化が大きすぎるから
ちょっとずつお手伝いできることを増やして行こう、と思っています。
大変化はわたしもあまり賛成できないほうなので・・・
でも、常にmake things betterを目指してね。

さて、前にもちょっと触れましたが、ここの生徒たちはあまりしつけがしっかり
されている子たちとは言えないので、何回も同じ事を言わなきゃいけません。
ボトルを投げるな〜とか、ラックに戻せ〜、水飲み終わったらフィールドに戻れ〜
って、1日何回言ってるでしょうか・・・?って感じです。
今日もそんなかんじ。コーチから雷が落ちる前にわたしは親切に言ってあげてるのに
またまた今日もお叱りを受けまして・・・プレーを見てない、聞いてないもんだから
ほんとに切れられてるし・・・まったく・・・
Get off the trackって言われたので、水を飲みに行くときも今度はTrackに乗らない
=今度はボトルを投げる。。。
「だから!投げちゃダメだって言ってるでしょう!!」とわたしが言うと
「だってあいつらが投げろって言ったんだもん」とStudent Trainerをさす。
「あの子たちが言ってもあんたは正しい事をしてないでしょう。誰もトラックに行くなと言ってるじゃなくて、水を飲み終わったらフィールドに戻って練習を見ろって言ってるだけでしょう。間違ってること言ってる?!」
とりあえず選手は納得。
今度は厄介者、Student Trainers...
「ボトルを投げるなって何度も選手に言ってるのに、あなたたちが投げろって言っちゃダメでしょうが」
「だってコーチがtrackに行くなって言うから」
・・・おまえら。頭使えよ。。。
(てかその重たい体を動かした方が自分たちのためだよ。制限体重作るぞ)
「誰もtrackに行くななんて言ってないでしょう。水を飲んだら、クーラーの周りでたむろってないで練習を見ろってことでしょうが」

なんで、選手と同じ事をトレーナーの学生に言わなきゃいけないんでしょうか???
こんな子たちの相手してるのも嫌になって来ます。
もしほんとにトレーナーになりたいと思って手伝ってくれてるならいろいろ教えて
あげたいけど、ぜんぜんそんなことなくて単なる学校が定めている(?)
After School Activitiesで学校にいて何かしてる、と思いたいだけなんです。
そんな子たちが単にフットボールの練習に来てサイドでぎゃーぎゃー騒いで
ドテンっとクーラーやアイスチェストに乗っかってカートを壊されているんですから。
こっちとしてはもうたまったもんじゃないですね。
向こうにしたら、もちろん私の方がよそから来た迷惑な人なのでしょうけど。
こんなんじゃー仲良くできませんなぁ・・・もっと優しくした方が良いのか?
ほんと、選手はともかくこの女の子たちに悩まされています。

もっとヘッドコーチと話をしないと。何かを始める前に、彼が何を望んでいるか
をもっと聞かなければいけないね。ここは大学ではないってことを頭に入れて。
今まではそうでなかったものをそうする、Make things rightは私の役目だと思うから。
それがどう評価されるかっていうのも、かなり重要だしね。

今日は所用でADに会って来たんですが、ちょっと火をつけられました。
ま、大した事じゃないんですけど、こりゃぁ面白くなって来た・・・という感じ?
やってやろうじゃないの。自信満々じゃないけど、今の私ならできる気がする。
そのためには、ひとつひとつ、しっかりとね・・・

んじゃ、勉強します!
[PR]
by kanaeinoue | 2008-08-27 11:21 | Athletic Training

Kids are just innocent.

朝から今日も2-a-day。一週間やれば、もう慣れっこだね。朝起きるのがキツいだけで、それ以外はまったくもって問題ないです。朝学校に行って、準備して、子供たちをさっさとトレーニングルームから追い出して・・・ってやってたら、あっという間に2時間くらい過ぎちゃう。

朝はコンディショニングなので、あまり用意するものなどもないけど、いつも来てくれてる生徒たちがいつまでたっっても来なくて、結局練習が始まる時間になっても水が用意されていない・・・「自分の仕事をしてから遊びなって言ってるでしょ!」ってまーあまりキツくは言わない。でも、そうするとダラダラ口だけの返事になってしまう。もう本当に難しい。言えばやるわけじゃなく、言ってもやらなくなってるからねぇ。

午前はまだ良いとしても、午後はいっぱい水がいるし、準備もそれなりに時間をかけないといけないが、これまたぜんぜん来やしないからね。もー困った。練習前はわたしも忙しいからそんなに注意してる時間もないし、結局ボトルとかを汲むのも私がフィールドに行ってからして。そのくせ、「ガムちょうだい」とか言ってくるから、「なんで働かないあんたにやらなきゃいけないの?」って突き放した。練習中も座ったまま、だるそうにして、一個も仕事をしない・・・

私的にはもうこの子たち居ても居なくても同じだなぁ〜なんて思って、もう極力頼むのもめんどくさくなって来てた。働かないから、別にいらないや〜なんて、思ってはいけないんだけど、あまりにも練習に差し支える期待はしちゃだめだな、と思った。
このことを上司に言ってみたら、意外な返事が返って来た。

この子たち、いやトレーナーの生徒たちだけでなく、半分くらいの生徒たちが、お昼ごはんを食べていないみたい。ただおなかを空かせている。そんなことは思いもしなかったので、本当にびっくりしたけど、だから午後になると元気がないみたい。言う事も聞かなくなるし、足取りも悪い(と言いつつ、バスケしたりして走り回ってるけど・・・)上司は生徒たちにおこづかいをあげて、お昼ごはんを食べさせる事にしたみたい。そうじゃないと、せっかく働いてるのに割りに合わない?よく分からないけど、子供たちにお金をあげられてないくらい、お昼ごはんを作ってあげられないくらい親が貧しいってことなのかな。いやぁ、ごはんなんていくらでもできるでしょう。パンとジャムだけでもいいんだよ、何か口にすれば。結局、親がきちんと子供への配慮をしていないから、こういうことになるんだよね。それほど頭が良いわけじゃないから、言ってもできない、何度言っても分からない事もたくさんあって。私がその環境に慣れなければいけない立場になっているんだ、ということを自覚した日だった。もちろん、私が合わせてレイジーになるということじゃなくて、向こうのペースに合わせて学ばせるという事。これこそいちばん効果的な教育でもあるからね。いやぁ、思いもしないことになった。

そして、練習が終わってコーチのオフィスにいこうと思ったら、中に警察が来ていた。スクールポリスだけど、それでも中でいろいろコーチに事情聴取していた。選手の一人が捕まった?捕まる?らしい。先週まではたぶん練習に来てたんだろうけど、今日コーチにPhysicalを抜いて良い、と言われてた。そういうことなの?でも、どうしてそんなことになったのか、全くまだ分からないけど、フットボールさえももうできないのか?犯罪を起こす子供は、絶対に親の責任でしょう。親の管理、親の経済力、親のしつけ、親の愛情、、、すべてが子供には責任なんて持たせられない。親の干渉があって初めて子供は安心してのびのびと育っていけるんだと思う。単に子供ができたから生む、みたいな社会だったら、子供がかわいそうすぎる。親になる準備=自分よりも子供を大切に思う心だし、それがまだ準備し切れていなければ絶対に子供を持ってはいけないと思う。あまりにも、生徒が選手がかわいそうになってしまった。彼らはたぶん、何も悪いわけじゃないんだよな。私もそれを知らずに我慢できずに悪かったな、、、と思った。

私が彼らに愛情を注ごう。もうひとりのお母さんみたいに。彼らがお父さん(コーチ陣)たちに分かってもらえないような心の痛みだったりがあれば、それを打ち明けてもらえるような。ま、厳しさももちろん必要だし、私はサイズも小さいからなかなか舐められてしまう可能性もあるけど、今のところそんな風には思わないし。言えば聞くし、話せば分かる子ばかりだもん。なんか、こいう風に親や大人の勝手で子供たちを苦しめてほしくない。おなかがすいた、なんて言わせないで、ちゃんとお金がお昼を持たせて。子供を犯罪そのものから守って。子供が安心して成長できる環境を作ってください。

今日はなんか考えさせられちゃったなぁ〜。私が親だったら、決して子供にこんな思いはさせたくないなぁ。ここは、いい母親の練習になりそうだ。
今日は恥ずかしながらこれでやっていけるのかな、、、と一瞬ひるんでしまったけど、これは試練だろうな(最近は試練ばっかりで何が試練か分からなくなりつつあるけど・・・)。
私も、彼らとしっかり向き合わなければ。
[PR]
by kanaeinoue | 2008-08-19 15:22 | Athletic Training

1st week is Done

2-a-day今日で第一週目が終わりました。
プチ反省会。

最後のほうは雨や雷に見舞われてなかなか集中して練習ができませんでしたけど、そんなにハードでもなかったけどめっちゃ疲れてます・・・だって、生徒が動かないんだもん!それに何回も何回も何回も同じ事を言って、これあってあれやってっていうのが
本当に大変です。何度も言わせないで気づいてよ!って言ってもダメ。まぁ、これがどうやってしつけられて来てるかなんですけどね・・・ここから変わってくれるのか本当に心配です。頑張ってくれてるんだけど今までとあまりにも違うんだろうなぁと思います。

わたしは次から次へと選手が来てやれあっちが痛いこっちが痛いなんていうから。もっっっっっっとタフになれこのやろーーー!って感じですね。。。あんなんじゃーフットボールはできません。みぞおちに入って痛いから練習できないだぁ?本当に痛かったら立てないんだよぉ???って言ってでもそれでも吐きそうだ・・・なんていうもんだから、どれどれ??というと、けっきょくごはんを食べてないんですよ、この人達。もぉおおおおおおお!おまえら!!!ってわたしはまるで親ですね。そのへんSeniorになるとしっかりしてくるし下の子たちを注意してくれるんだけど、低学年はダメだぁ。

ボトルは元に戻さないし、勝手にアイスを盗んでいくし、もー怒鳴るのがイヤじゃ。これがチャンピオンチームになるんかどうか、ほんと見物だわ。あまり一生懸命働き過ぎている、ってわけではないけど、イライラしてるな。イライラしないでも怒鳴れるようになりますかね???なんて。まぁー最初だし、こんなもんだろうなぁとは思いますが。

* * * *


上の文章は昨日練習が終わった後すぐに書いたもの。うーん、イライラしてますねぇ。昨日、こっちにはあまり持って来てない仕事着を調達するためにSports Authorityに買い物に行って、ちょっとプラプラして、用事を済ませて、夜お風呂に入って体や肌を労ったりしてたら、上に書いた日記を見てドキッとしちゃいました。いやぁ、肝心なこと忘れてる。まだ一週間、まだ子供たちも選手たちもコーチたちも私の働きぶりを分かっていないのに、キリキリしてちゃダメだなぁ〜って思いました。

ATCとして初めての一週間で、本当はチームのため選手のために仕事をしなければいけないところを女の子たちのいざこざに気を取られていました。うーん、昔っからこいうのは苦手だったので、いざ生徒たちのあいだでこういうことが起こっても、どうやって対処したらいいか分からないのだよね・・・困りました。その点、私が男だったら、「何そんなこと言ってるんだ!うだうだしないで働けぇ〜!」って言えますかね?もっと楽な気がするな。

ATとして仕事をする、という意味では、初めての仕事現場でちゃんとできてたと思います。ケガの対応も今までと変わらずだし、高校生の感覚もだんだん分かって来てここはプッシュしなければいけないところ、ここはしっかり見てあげないといけないところ、、、まだ性格とかは分からないからアレだけど、ちょっとずつ慣れていけるだろうなと思いました。何より高校生って人懐っこくて、可愛いんだな!「新しいトレーナー??ずっといるの!?来年も居てね!?」なんて、まだ始まったばかりなのに来年の話・・・笑 膝を地面についているのに「Msカナ、膝が折れちゃったよ助けて〜!」なんて・・・突っ込みたくなるくらい面白い。この生徒たちはしつけがあまりされていないので、きちんと叱ったりしなきゃいけない場面はとことん多いんですが、あまりガミガミ言わないようにしたいなぁと心の中では思うんですけどね。まわりのコーチたちやわたしの上司はごっついおじさんたちなので、私はひとり優しすぎてしまうかもしれないけど。。。ま、バランスとって行きたいと思いました。

あとはケガに関して、コーチに知らせることだったりとか、親に知らせて病院に行かせるとか、今まで学生の立場ではやらなかったこと、高校と言う新しい場所に来て初めてやらなければいけないところなどをどんどん学んでいけたら、と思っています。当たり前な事はやっていても、これからはどんどん行動範囲を増やしていかなきゃいけない。今はヘッドとして働いているし大抵なことはひとりでできているけど、私の上司がやってくれてて私がまだ把握しきれてないところもあり、なかなか全部がうまい具合にいってるかんじがしないので、これからレポートとかもしっかりしていかなきゃ、、、とりあえず、今週は何が足りなくて何が必要なのかを見極める事ができたかな、と思います。来週は、それを実行に移すとしますか。

このくらい?

あと、選手の弟くんがいつも練習に来てて、ちょぉぉおおお可愛い。あんな子供が欲しい!ってくらい可愛いです。懐いてくれて、仕事も手伝ってくれてとってもいい子。そんな感じで、大変ながらも楽しくやっています。今日しっかり休んで、明日からまた2-a-day、頑張ろうかな!気持ちに余裕がないと、選手たちに、生徒たちに何が本当に必要なのか分からないから、気をつけないとね。

では、、、良い日曜日を過ごします♪
[PR]
by kanaeinoue | 2008-08-18 05:29 | Athletic Training