日本の大学を卒業後、アメリカへ大学院留学。アスレティックトレーナーとして、現在はテキサス州ヒューストンにて高校ATCとして勤務中。資格を取ってもまだ日々勉強です。4年ぶりの都会暮らしを楽しんでます☆


by kanaeinoue
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

タグ:アスレティックトレーナー ( 18 ) タグの人気記事

平日くらいは、自分のカラダを労ってあげましょうかね〜

今日はなんか何もしてないのに疲れた。あーそんなことないや。
なんだかんだ選手を7、8人見た気がする。
ベースボールの選手が毎日立て続けに来るので、どうやらスローイングの
フォームに問題があるようなないような・・・
これは1度見に行く必要があるかもしれないなーって思ってます。

昔っからそうだけど、ただトリートメントするだけでは
根本的に解決できないんだよねーって選手に教育するのが大切だと思う。
まずはセルフトリートメントから。自分でできることをやって初めて
痛みがどこから来ているのか分かるってもんだし。
それでもダメなら、何か練習やフォームなどに問題があるかもしれない。
単なるacuteのケガならまだしも、みんななんとなく痛くなり始めた
ってのがほとんどなので、、、アップしてる?ストレッチした?アイスしてる?
この3つがほとんどすべての選手に聞いている事ですな。
やっぱりねー、難しい事云々より、まずは自分のセルフケアだねー。
なんて、今日はまた再確認しました。
あまり進化がないけど、やっぱりこれだよ、アスリートになりなさい!
ってことね。

さて、今日はまたまたIKEAに行って来ちゃいました。
IKEA大スキーーー。あそこは何回行っても飽きないし、見てるだけでも楽しい。
夢が膨らむーー!家を買いたくなる♪ おいおいって感じですが・・・
今日は収納するための道具をいくつか買って来ました。
これで収集のつかないクロゼットがちょっとはマシになるかな??
物を減らす計画なんですが、それがまだ実行できておらず。。。
なかなか物を捨てられない人なんだけど、身軽になりたい願望もあり。
本はかなり捨てられないけど、そのほかのものね、処分したいなー。
明日やりたい、と思う場所がもうすでに3つ・・・

帰って来てごはん作って、おなかいっぱいになったら睡魔が襲って来て
昼寝をがっつりしてしまいました。今2時になりそうですが、、、眠くない!
でも意地でも寝ないとーまた朝遅くなっちゃう!
もうちょいぴりっとした生活しないと、まだ1月なのに今年の目標を
完全に無視してますけど・・・汗。
やることやらねばねー時間を大切に!

最近あまり運動をしていないので、いや、してるけど
ワークアウトをしっかりやっていないので、なんとなくコアがなまってる感じ。
おなかがポッコリしてきちゃうよーーーってね。
でも、なんか安らぎを求めているんです、からだが疲れてるのが抜けない。
運動をしていかないと、体調が悪くなるなぁ。。。
明日はちょっとヨガしようかな、久しぶりに。
じゃ、寝ます!
[PR]
by kanaeinoue | 2009-01-14 16:41 | Life

North Forest Bulldogs

昨日の試合で負けてしまって、フットボールのシーズンが終了しました。
試合はほぼ完敗で、どうにもできなかった。
いや、ちゃんと実力を出すことができたら勝てたかもしれない。
けれど実力を出せなかったと言うことは、それだけ相手のプレイが良かった
ということなのかもしれないなぁ。。。
見ていてとっても歯がゆい、いつもと違う、そんなかんじの試合だった。

いろんなことがある学校で、フットボールの選手たちはHopeだった。
彼らが頑張って試合に勝つことで、みんなに元気を与えることができる。
わたし自身も、学校やAthleticsに関わるたくさんのストレスを
子供たちに取り払ってもらっていた部分はかなり多かった。

もう彼らがショルダーやヘルメットを付けることもない。
チームがみんなで集まってハドルを組むこともない。
あの選手たちの叫ぶ声を聞くこともしばらくないんだろうなぁ、、、と
それを考えるだけでもう寂しいなー。

8月からずっといっしょにやってきたコーチたち、選手たち。
最後の最後までしっかりとトレーナーらしい仕事をしてくれなかった生徒たち。
最後の最後までボスとも言い合いしながら過ごした試合。
私にはほんと足りないものがいっぱいあります。

とにかく楽しかった。
辛いことや大変なこともあったけど、楽しかった。
彼らが私の中でも、hopeでした。ありがとう。


b0058450_154883.jpg


あーーーー、寂しいぃいいいぃ!ただ、それだけ!!





さぁ、バスケのシーズンが始まります。
[PR]
by kanaeinoue | 2008-11-17 01:06 | Athletic Training

More Injuries in Basketball.

昨日、ブログ書いた後にすぐに前の校舎のジムに向かい
バスケの試合をカバーしたのですが、そこには災難が待ってました。

まず、渋滞に巻き込まれたらしく相手チームがいっこうに来ない。
結局待つこと1時間半、やっと試合が始まったのが5時半。
友だちとは7時という約束をしていたので、大幅に遅れを取りました。

ま、それは良いとして、問題は試合中・・・
あまり集中して試合を見ていなかったのもあるのですが
相手チームの選手が腹部に打撲を受けたということで見ていたら
いきなり気持ちが悪い、と言われ、、、そとへ言って吐き出した。
痛みの位置はBelly buttonよりも下でほぼ真ん中。
Reprpductive organ intenstine bladderってとこでしょうか。
とりあえず、それだけでは可能性だけで何も分からないので様子を見て。
親に連絡を取ってもらうようにコーチに頼んだけど、どうやら
親とは一緒に住んでいないということなので、状況的に救急車でした。
ところが、救急車に着てもらうところ30分経っても来ない。
選手の状態は良くなったり悪くなったり、、、緊急ではないけど
それでも検査した方がいい、ということで親の到着と救急車の到着を待つ。
結局先に来たのは救急車でした。
EMTに事情を説明し、もう一度バイタルをとり、病院へ運ぼうということに。
けれど、親がまったく行方が分からない。親にも救急車を呼ぶことは知らせてあるが
彼らが希望する病院もあるということで、そちらにいくことに。
ま、あまりお金のかかる行動はこの地域は危険なので、わたしはとりあえず
自分の身を守るのに精いっぱいです。何か too muchなことをしたら
それだけで訴えられるからね。かなり慎重、でも目の前の苦しんでいる選手にとって
何かいちばん最適か?ということを常に考えなければいけないから。
とりあえず選手をストレッチャーに乗せて、救急車に運びました。
頑張るんだよ〜大丈夫だからね〜〜と何度も何度も言って、彼女もだんだんと
気持ちを取り戻して来てくれたので、良かった。

うーん、もっといい方法があったか?というと、そうかもしれないけど
そのときのできるベストは尽くしたかな。。。
また勉強し直しです。はい。

相手のチームはもうひとり肩のSubluxationぽくなった選手がいて
ちょっと心配しましたが、一時的なNumbnessもありコーチがかなり慌てふためいて
いたので、大丈夫だよ、ちょっとsprainしただけだからしっかりアイスして、、、
あとは向こうのトレーナーに見てもらってください、と伝えてとりあえず終了。

うちのチームは捻挫をまたしたコがいて、かなり痛がってた。
すごい痛がり様です、、、高校生ってとんでもない。
靴を新しくしたばっかりで、とっても固いハイカットのバッシュ。
かなりの勢いですばやく捻ったというから、ちょっと危険。
しかも圧痛の位置がLateral Malleolusの真上だったので、何もないことを祈る。
ま、靭帯もかなり弱い(前に捻挫してる)ので、どうだろうな、、、という感じ。

両親が会場で見ていたので、彼らが選手を連れて消えて来ました。
たぶんあのままEmergencyにでも行ったのかな・・・?
高校は、評価してある程度伝えたらそこでおわりです。
わたしには何もする権利がありません。評価は磨きたい部分ではあったから
痛がりまくる選手たちを相手にちょっとずつ情報を聞き出すのとか
良い練習にはなるけどね、、、これも飽きて来るのかなー?


ってことで、これは果たしてフットボール???というくらい
いや、むしろ平和なフットボールの試合よりケガやトラブルがありました。
おそろしいいいいいっす。これが女子の初戦だったんですから。
男子はそんなことないけど、やっぱり女の子は大変だなーと思いました。
女子相手にする準備をしておかないとですな。。。

おし、今日はプレーオフ1回戦!!
頑張って来ます!! Go Bulldogs!!!!
[PR]
by kanaeinoue | 2008-11-16 02:09 | Athletic Training

What a messed school!

もぉー、今年はこんなかんじで終わって行くんでしょう。
ほんとにいろんなことが毎日あって、ストレスと驚きと呆れ果て、、、の連続です。
書くのも恥ずかしくなっちゃうくらい、うちの学校はヤラレテル。
ここ数日でほぼ来年ここを去る決心が固まって来ました。
ほんとさー、フットボールチームは良いんだけど、ほかのスポーツもダメだし
どれだけこの子たちが学校の生徒たちのHopeなのかってことを痛感します。

たくさんトラブルがあるんですけど、書こうか?笑
マジで一回じゃ終わらないし、、、先週から2週間お休みがなかったので
今週もなかなか疲れています。今日も疲れてるねーって言われたし。
誰か癒してくれーー姪っ子に会いたいなぁ〜〜〜。

えっと、とりあえず、今日の出来事ね。
学校へ行って今日も5時間目に練習するんだろうなーと思ってたら
ロッカールームが水没。。。学校が水浸し。。。
まるで台風のあとのような状態でした。
ウエイトルームも、トレーニングルームも、わたしのオフィスも水浸し。
、、、、、なんで?

コーチのオフィスに行くと、「どうだった?」と苦笑い。
そう、どうやら大雨が降るたびにこんなかんじになるそうだ。
修理するBudgetがないから、雨が降るたびに床上浸水みたいになって
掃除して掃きだすという作業を繰り返しているみたい。
「なんで直さないの?壊れてたら直すべきじゃん!」と言うと
「そういう当たり前なことができない学校なんだよ。分かってないな、まだ」
っていうコーチたち、、、慣れてますね、、、。
コーチたちも学校には不満がいっぱい。けど、フットボールがあるからいるだけ。
子供たちがまだまだ希望があるからここにいるだけなんだなー。
ある意味わたしと同じなんです。大学やプロと比べてコーチとの距離が近く、
協力しやすいってのは高校の良いところなのかもしれないなー。

ま、学校が午前中で終わったので、練習はそのあとにすることに。
わたしもさすがに今日はショックが大きくて、あまり働く気になれなかったけど
いつも通り、何事もなく終わったのでのんびりしてました。
一回テープを巻きに行ったら、2m以上あるおっきなOLの子に殴られたけど(笑)
あはは、、、痛い、、、w

車のタイヤがまたフラットになっていたので、修理に行きました。
そのままにしておくと、コーチたちがうるさいから・・・笑
このまえエアー入れたんだよーって言っても、寒くなる前にやれ!と。
車が趣味だったり、やっぱり機械ものにはうるさい人が多いんですよ、男の人。
わたしは車はけっこう乗れればいい、っていう感覚なので
メンテナンスも最低限だからね、、、あーマトリックスほしーなーー。
まいドリームカーを手に入れられる時はくるのかしらね?

そのリペアーのお店にいた人は、エルサルバトルから来た人たちで
みんなスペイン語。そこにいた女の人とその赤ちゃん!可愛かったー。
お母さんはまったく英語喋れないみたいで、会話にならんかったー。笑
でも一生懸命コミュニケーションとろうと頑張った。
スペイン語勉強しようかなーって思った。来年の目標だな・・・
友だちのところに遊びに行くって言う目標にしてね。

帰って来て、お鍋をキムチ鍋にして食べました。
コチュジャンを入れたら美味しくなったー。あとで雑炊も作ったー。
ごはんが美味しく食べれるのがいちばんシアワセ。
疲れもたまって、昼寝。シアワセ〜〜。

んで、起きてバスケを見る。
勉強しなきゃ、と思って、カフェに行ってちょっと勉強してみたが
集中できないし、寒いしおなか痛くなって来て帰宅。。。

あーウェブサイト作らなくちゃー。ぜんぜん分からない!
困った、どうしよー。自分のサイトもちょっと変えたいー。
せっかく持ってるのにぜんぜんいじってないからね。
今年はちょっと余裕無いけど、来年かなぁ〜。
今はやらなきゃいけないことがいっぱいあるから、それを片付けようかな。
[PR]
by kanaeinoue | 2008-11-13 14:30 | Athletic Training

Making Decision

昨日の夜いっぱい書いてたのに、書き終えずに寝たら消えちゃいました。。。
うー、ひどい!内容ぜんぜん覚えてないけど、また書くぞー。

えっと、昨日はまた(?)ボスとガチンコで喧嘩しました。
でも、ちゃんと話して仲直りしましたから大丈夫です。
こんな負けん気の強いわたしを許してくれるなんて、
今までは反抗心ばっかりだったけど今はかなり落ち着いています。
まぁ、まだまだ問題はあるけどね。。。

元を正せば、わたしはボスのなんともまー適当な評価がとっても嫌だったわけです。
どう考えてもドクターに診せるべきだろう、練習はアウトにしないっていうのは
まだ理解できても、ちゃんとケガを判断できていないだろう、、、と思っていたわけ。
明らかにね。あまり詳しくはもうめんどくさいので書きませんが
私の評価だってそこまで外れているわけではないし、折れている折れてない
くらいの識別だってできるのに、、、とそこでもう私はかなりムカついてました。

けど、うちのヘッドコーチはかなりの特殊なコーチでとにかくドクターがキライ。
地元のドクターに見せたら、3週間アウトと言って試合に出れないのがオチだと。
それは、たしかにごもっともだと思うんですよね。
チームドクターなんかはみんな整形外科。ファミリードクターなら捻挫でもなんでも
3週間くらい、って言っておけば、何も問題なく復帰できるだろう、、、という
考えな訳ですから、、、それは日本でもそうだったし、だから病院に行っても
スポーツドクターにしかお世話になりませんでした。
Freshmanの選手が自分で病院に行ったらしく、3週間ダメだって。と
捻挫の足を見せて堂々と言って来たので、「あんたフットボールじゃなくて違うスポーツやったほうが良いよ?」と言っときました。捻挫くらいで休むな!って
なっちゃいますからね、、、ほんとに。もちろんどのくらいひどいかにも寄りますが。

こいう理由から、なるべくドクターは最後の最後の最終手段として取っておく。
しかも地域的に貧しい生徒が多いから、そこまでドクターのお世話になれない。
うちにはチームドクターがいませんが、だれもやりたいとは思えない場所。
いろいろ事情があって、今の状態になっているんだということを話しました。

わたしがかなりUpsetなのは、常に学校にいるのはわたしで(フルタイムだから)
生徒が報告してくるのもわたしなのに、私が見たケガの判断をコーチに伝えても、
それが練習のときに実際そのまま適用されずに、かなり遅刻してくるボスを待って、
準備ができている選手を待たせて、判断を仰がねばならない、ということなのです。
それは私の判断が間違っているとかなんとか関係なく、そうしなければいけない、、、
という状況がもうイライラ、ストレス。
私はもう選手をプレーさせる気満々で、キャストも作ったしトリートメントもやった。
その状況も知らず、学校に来れずに後から来ていきなり現れて、
「腫れを取るんだーーー」って言っても、、、、ねぇ?って言う感じだったんです。
(実際もし骨折してたら腫れを取るも何も、、、動かせないわけですから)

結局昨日の選手はコーチの意向もあってたぶん今週もまた練習はしないでしょう。
でも、金曜の試合は出ると思います。ここからが、私たちの腕の見せ所。
今日レントゲンだけは取る事を許されましたが、地元のではなくて街の整形外科に。
とりあえず写真を見て、何もひどい状況がなかったら、キャストしてGoかな、、、

そこには必ずLegal的なものが絡んでいるので、
ボスはわたしにその責任を負わせたくはないんだと。
まだATC1年目でこのシビアなコーチとのやり取り、責任は重すぎるし、
経験がないと何をしても不利に働く可能性が高いから、と。
これはさすがにごもっともでしたね。わたしは必ずしも正しい判断はできません。
けど、そこで起こっているすべてのことを正しく理解する事はできますよ、
と言いました。だから、もっと報告してみた事すべて、
思った事すべて話すようにします。とね。。。そんなこんなで仲直り。

わたしは昔っから「自分でやりたい!!」根性ばっかりで、けっこう頑固なんです。
それはダメなんだよなーーと思っているし、もっと学ぶ姿勢を持たなければ、、、
と思うんですが、あまりにもわたしだって間違ってることしてない!という自信が
今回は多かったので、対立してみました。
何もかも予測で行動していたら高校生の言い訳と同じじゃん、って思ったし
Certainなことをしていかなければ絶対トラブルが起こるって分かってるしね。
そこがボスにも足りないところだし、何よりもまず時間を守ってほしい。
忙しいのは分かるけど、あなただって雇われているんだから責任を持ってこないと。
ってのもちゃんと言いました。そこはかなり言い訳してましたけどねw

さて、今日からはもうちょいうまくやっていけそうです。w
何もかもうまく行く関係なんてあり得ないんだなーと思う反面、
ちゃんと歯向う人にも対応してくれるボスで良かったな、と思いました。
何よりも彼が言ってたこと、
I know you're right, but we need to know the coach more to take care of injuries.
とね。要はそこなんだ、って、、、わたしが今一歩甘かった。

トレーナーは自分たちの仕事を全うするのが仕事だと、、そう思っていたけど
実際チームにしたら、正しい事をしているかどうかなんて関係ないこともある。
チームは勝つ事が仕事で、私たちはそのサポートをしているんだから。
もし、トレーナーの安易な判断で選手がプレーできない、ってなると、
それが大きな選手であればあるほど、勝敗に関わってくる。
なんでもかんでもドクターに送れば正確な診断が得られるかもしれないけど、
それを欲してないコーチだってたくさんいる。試合に出せー使わせろ!というタイプ。
そこは、自分の考えを押し通すのではなく、もっと柔軟に時間をおいてコーチと話す、
選手に説明する時間を作っても、試合に間に合えばそれでOKだと。
ここが、もう①ステップ、わたしが学ばなければいけない部分だな、、、
と痛感しました。
もちろんこれは試合中には適応されませんが、試合中はもっと簡単かな。

今までは最終的な判断はACIなどがやっていたし、
日本にいたときはドクターに頼りまくりだった。
けれど、今度は自分のもっと正確な判断を磨いて、
もっと計画的な精密な対処をすることを学ばなければいけない。
これが、腕を上げる、ってことなんだと思う。

なかなか面白くなって来たぞ、、、
ちょっとプレッシャーもありますが楽しくなって来た。
これこそが、この1年で必要なことだな、と思う。
もっと経験を積む、スキルをあげる。いろいろ見てやって失敗して学ぶ。
いやー、問題は山積みだけど、良い経験してるな、と思います。
改めてボスに感謝。反攻してゴメンナサイ(笑)
あまり悪いとは思ってないけど、、、w 分かってくれる人で良かったです。

ってことで、今日は病院に連れて行ってきまーす。
どうか折れていませんように・・・・・・
[PR]
by kanaeinoue | 2008-10-07 22:33 | Athletic Training

3-0

試合勝ちました!!
いえーい3連勝!!まー内容的にはかなり問題がありましたけど
勝てば良いのです。次までに修正が効けばそれで良いんです。
ディフェンスのビッグプレーが連発したおかげで勝てましたね。
良かったーーーわたしのラッキーチャームは今も健在だな♪

今日の相手はとってもリッチな学校でした。スタジアムがすごかった!
電光掲示板だってあるし、クーラーもたーくさん貸してくれて
自分たちのものをほとんど使わなかったしね。すごい。
ヘルメットのカタチをしたバルーンもあったし、マスコットの着ぐるみ?もあった。
なんだか大学を見てるようだったなぁ。
けど、勝ったから良いの!お金持ちを貧乏が倒すってスポーツならでは?!
すっごい下克上な感じで嬉しかったな♪
お金をかけなくてもフットボールは強くなれる。
貧しい選手たちでもフットボールでスーパースターにもなれる。
うちの可愛い選手たちが頑張って打ちのめしたので、それだけで満足!

However...
[PR]
by kanaeinoue | 2008-10-01 16:26

New Jobs

今日はウォークスルーだけだったので、朝8時からやって終わりなはずだったのに
ヘッドコーチの車が故障したとかなんとかで大幅に遅れ
結局始まったのは9時くらいでした。なぁーんでこういうことばっかりなの!
ま、すぐに終わったから良いんですけどねぇ、、、

昨日の夜はなんだか目が冴えてしまって寝れなかったので
今日は存分昼寝を、、、と思って横になって2時間くらい。
本当は運転免許を書き換えようとしていたんですが、学校の近くのは
かなり対応も悪くめっちゃくちゃ遅いらしいんで断念。
また調べてみたら今度はあまり近くにはないんですよね・・・
かなり気合いを入れないとできないっす。でもこのままでもダメだし。
うーーん。

夕方からセミプロの女子バスケットチームの練習をカバーしに行って来ました。
このチームはうちのボスがコーチとしてみてるんですよね。
なんか、あり得ない話ですが、、、けっこうみんなうまかった。そこそこ?!
ケガとかなく水を用意してあげただけですけど久しぶりのバスケはいいね!
選手も良い人達だし、年齢層も似ているし、何より話が通じる(爆)
普段はどれだけ未知の言語と戦っているかお分かりでしょうか・・・?
ほんんんっっと、わたしのせいじゃないから!!って思った。w

もうひとつ言われているのは、 Texas Southern Universityの
女子バスケチームの試合帯同のトレーナー。
プログラムもないし、ATCも少ないらしいので手伝い、パートで。
でもバスケに関われるだけ悪い話じゃないし、トラベルもあるみたいなので
11月くらいから楽しみにしてます。
ってことで、高校の他に2つ仕事をすることになりました。
ちょっと生活の足しってくらいだけど、楽しいなら満足。

スチューデントトレーナーは、もー正直こりごり。うんざり。疲れた。
罰則とかもつけろ、って言っても、なーんも効果がないと思う。
それよりも、人数が少なくても、ちゃんと時間通りに来て言えば働くコが良いな。。
今日は2人来たから、何時に始まるか知らない、っていう言い訳は通用しない。
それなのにもぉおおダラダラ口答えするし、Tシャツも着てこないし
ほんと疲れた。もー知りませーーーん・・・

ってことで、明日はいよいよ3週間ぶりの試合!
わたしも待ってましたーさすがにね!楽しみです。
仕事自体はだんだんと楽しくなって来たので子供たちが存分に暴れてくれると
いいなーと思います。ケガはしないように・・・
子供たちはかけ声をしているときに「Bow wow!」って鳴くんです(笑)
ブルドッグになりきって、ちょぉおおおお可愛い。親心でしょうか?!
頑張りましょー。
[PR]
by kanaeinoue | 2008-09-30 13:23 | Athletic Training

Community Service by Bulldogs

金曜日

朝9時から練習だったはずなのですが、いきなりコミュニティってことで
うちの選手たちが近くのマーケットで氷を配る事に。
まだ、高校があるあたりでは電気が戻っていない場所が多く
食事はおろか、水や氷も手に入らないので、無料で政府?市が配布してるんです。
街の復旧、そしてフットボールチームの盛り上がりも兼ねて
みんながユニホームを着てアピールしつつお仕事。

写真撮って来ました。
わたしの息子たちです(笑)

おっきなトラックにいっぱいのアイスバッグが入ってます
荷下ろしからね
b0058450_1584926.jpg


車を並ばせて、トランクやバックシートに積んであげてます
みんなが並んでて可愛かったw
b0058450_1592727.jpg


ちょっと賢くなって(?)みんなで1列を作って運び始めました
これはもしかしてバケツリレー?!
b0058450_159575.jpg


結局2時間以上こんなことをしてました
でもみんな頑張ってましたよぉ〜
b0058450_203245.jpg


シニアの選手。とってもおっきいのに甘えん坊な可愛い選手です
スマイル♪
b0058450_21536.jpg


ってなことをやってまして、結局練習が始まったのが12時近く。
そして終わったのが3時とかで、選手もコーチもトレーナーの子たちも私も
もうくったくたでした。ごはんを食べてなかったしね。。。
時間がずれたおかげでライドがなかった子たちもいて、何人か送ったしね、、、
高校のまわりがいかに荒れているか、貧しい地域なのか分かりました。
わたしが彼らにできることはなんだろうかなぁ〜って。

で、終わった後、ひとりのコーチが誕生日だったこともあって
いっしょに飲みに行って来ました。初だよ〜ね?
いやいや、楽しかったけど、もーーーみんなフットボールの話ばっか!!
ほんとフットボールバカ。他に何か趣味はないの??って言ったら
うーん、ワークアウト?フットボール観戦??みたいなね。。。
でも、まぁ、シーズン中とか本当に忙しいしね。理解いたします。
いつも見れない一面が見えたりして、とっても楽しかったです。
仲良しで良い事だー。わたしもファミリーに入れてもらえたかな?ってね。
絶対がんばって今年は優勝しましょうううぅう!!

ってことで、長い長い1日でした。
[PR]
by kanaeinoue | 2008-09-27 01:53 | Athletic Training

Too Much ⇔ Too Less

この一週間は、ダブルヘッダーが何日もあって、くたびれました。
行き来するのは、WNBA(女子のプロバスケチーム)と
地元の高校男子たちのフットボールチーム。
言ってみれば、まったく正反対の特徴を持つチームたちなのです。

コメッツに行ってみれば、もうなんでもかんでもお世話をして
選手たちの要望に応えてトリートメントやその他のケアなどをする。
ちゃんと自分たちのルーティーンがある、彼女たちもプロなんですけどね。

テーピングひとつとっても、ワガママな女性たちを相手にあーだこーだ
試行錯誤をして、彼らが満足いくレベルの作品を仕上げるわけです。

試合中でも、この選手はカップの水、彼女はカップのゲータレード、
この人はボトルの水、そしてこの人はボトルのゲータレード・・・
てなかんじで丸暗記で、タイムアウトはもう必死です。
そこにケガなんか起これば、慌ただしさこの上なし。。。
昨日はホント最高に忙しかったです。試合もさんざんだったし。

特にバスケって、ほんとにみんな注文が多いからね・・・


方や、高校に戻ってくるとこれはもう時間との勝負。
選手はVarsityしかテーピングに来ない、といってもその数20〜25。
学校が終わるのが2:50で、3:15には練習を始めるという
訳の分からないスケジュールを組んでくるヘッドコーチ。。。
不可能です。一人1分で巻いててもムリですから!

とにっっっかく早く、選手たちをフィールドに出すのに精いっぱい。
ケガをした、と言われてもとりあえず折れてなければ(骨折がなければ)
練習はできるから、とりあえずテープでもブレースでもなんでもして
外に行きなさい、話はそれからだ〜!

選手がケガをしても、とにかくやらせてみる。
折れてない限りは練習させる、という世界だから、きちんと評価しないし
トリートメントもほとんどしないで今までやってきたみたい。
みんながIce&Hotと呼ぶFlexallやSports Rub系のローションを塗ってれば
高校生は、フットボールは練習や試合をこなせるもんなんだと。


まったく性別も、競技も、その特徴も違うスポーツを同時に。
これほど混乱することはありませんが、それでもやってけてます。
今までずっとバスケ漬けだったので、Too muchなcareをしてしまう癖が
なかなか抜けず、高校でそれをやると「やりすぎだ!」となる。
きちんとケガを把握することくらいはしても良いと思うんだけどな。
別にただのアザに手をかけることなんてしないし。。。


おそらくどこへ行っても、どんなスポーツを見ていても
私たちがやることは同じだとは思うんですが、性別、年齢、特性まったく
違えばそれなりに対応もしなければいけないんだ、と思いました。

私って、今までフットボールとバスケばーっかりだから
そろそろ他のスポーツもやってみたいなぁ・・・なんて思ったり。
でも、この二つが私の好きなスポーツだしそれをできてるのもラッキー??
自分の行き先が見えてないのに、漠然とそんなことも言えませんが。


ヒューストンでの不敗神話はこの前の火曜でストップ。
それまで10連勝くらいだったんですけどねぇ〜
コメッツはもうプレーオフ行けませんね〜。ボロボロです・・・

それに引き換え高校は今、2−0です。意外に強い!
こちらはプレーオフ行けるんじゃないでしょうか・・・ってまだ2つだけど!
頑張りましょう、子供たちよ〜。
[PR]
by kanaeinoue | 2008-09-08 00:57 | Athletic Training
いよいよ学校が始まり、まだまだスケジュールなんかも把握できていない中で
子供たちの、選手の様子を見るのはけっこう大変なことです。

なんといっても、練習前に時間が25分しかないんですから・・・
授業が終わるのが2:51(51分って。。。)で、ヘッドコーチは練習を
3:15に始める、といってきます。トレーニングルームに来て選手に早くしろ
って言います。すなわち、私たちも急がなければならないわけで。
いろいろ策を考えては見ているけど、まず不可能に近いですね。
これは要相談ということで、せめても3:30にできないかと思ってます。

あとは、もう基本的なことが練習中にも、それ以外のところでも
理解してもらえてないのだな〜と思う事があって。
まだまだ始まったばかりなのですが、ちょっとずつ改善していかないとね。
今までほぼゼロだった状態からいきなり10は変化が大きすぎるから
ちょっとずつお手伝いできることを増やして行こう、と思っています。
大変化はわたしもあまり賛成できないほうなので・・・
でも、常にmake things betterを目指してね。

さて、前にもちょっと触れましたが、ここの生徒たちはあまりしつけがしっかり
されている子たちとは言えないので、何回も同じ事を言わなきゃいけません。
ボトルを投げるな〜とか、ラックに戻せ〜、水飲み終わったらフィールドに戻れ〜
って、1日何回言ってるでしょうか・・・?って感じです。
今日もそんなかんじ。コーチから雷が落ちる前にわたしは親切に言ってあげてるのに
またまた今日もお叱りを受けまして・・・プレーを見てない、聞いてないもんだから
ほんとに切れられてるし・・・まったく・・・
Get off the trackって言われたので、水を飲みに行くときも今度はTrackに乗らない
=今度はボトルを投げる。。。
「だから!投げちゃダメだって言ってるでしょう!!」とわたしが言うと
「だってあいつらが投げろって言ったんだもん」とStudent Trainerをさす。
「あの子たちが言ってもあんたは正しい事をしてないでしょう。誰もトラックに行くなと言ってるじゃなくて、水を飲み終わったらフィールドに戻って練習を見ろって言ってるだけでしょう。間違ってること言ってる?!」
とりあえず選手は納得。
今度は厄介者、Student Trainers...
「ボトルを投げるなって何度も選手に言ってるのに、あなたたちが投げろって言っちゃダメでしょうが」
「だってコーチがtrackに行くなって言うから」
・・・おまえら。頭使えよ。。。
(てかその重たい体を動かした方が自分たちのためだよ。制限体重作るぞ)
「誰もtrackに行くななんて言ってないでしょう。水を飲んだら、クーラーの周りでたむろってないで練習を見ろってことでしょうが」

なんで、選手と同じ事をトレーナーの学生に言わなきゃいけないんでしょうか???
こんな子たちの相手してるのも嫌になって来ます。
もしほんとにトレーナーになりたいと思って手伝ってくれてるならいろいろ教えて
あげたいけど、ぜんぜんそんなことなくて単なる学校が定めている(?)
After School Activitiesで学校にいて何かしてる、と思いたいだけなんです。
そんな子たちが単にフットボールの練習に来てサイドでぎゃーぎゃー騒いで
ドテンっとクーラーやアイスチェストに乗っかってカートを壊されているんですから。
こっちとしてはもうたまったもんじゃないですね。
向こうにしたら、もちろん私の方がよそから来た迷惑な人なのでしょうけど。
こんなんじゃー仲良くできませんなぁ・・・もっと優しくした方が良いのか?
ほんと、選手はともかくこの女の子たちに悩まされています。

もっとヘッドコーチと話をしないと。何かを始める前に、彼が何を望んでいるか
をもっと聞かなければいけないね。ここは大学ではないってことを頭に入れて。
今まではそうでなかったものをそうする、Make things rightは私の役目だと思うから。
それがどう評価されるかっていうのも、かなり重要だしね。

今日は所用でADに会って来たんですが、ちょっと火をつけられました。
ま、大した事じゃないんですけど、こりゃぁ面白くなって来た・・・という感じ?
やってやろうじゃないの。自信満々じゃないけど、今の私ならできる気がする。
そのためには、ひとつひとつ、しっかりとね・・・

んじゃ、勉強します!
[PR]
by kanaeinoue | 2008-08-27 11:21 | Athletic Training