日本の大学を卒業後、アメリカへ大学院留学。アスレティックトレーナーとして、現在はテキサス州ヒューストンにて高校ATCとして勤務中。資格を取ってもまだ日々勉強です。4年ぶりの都会暮らしを楽しんでます☆


by kanaeinoue
カレンダー

<   2004年 09月 ( 21 )   > この月の画像一覧

今日はジェイやライがお世話になっているFTAという治療院に行った。
前十字を切っている二人にとっては正しい速やかなリハビリは不可欠だし、
それをやるだけの知識と技術のあるトレーナーが必要でもある。
私がそれをうまくできたら、これほど良いことはないだろうけど
実際無理がある。
治療院では、マッサージ、鍼、灸をやってもらっていた。
鈴木さんに聞くところによると、頭の中は西洋医学で、その中にいいところもしくはいいとこどりで、
東洋医学の知識を織り交ぜているようなことを言っていた。私の考える、、まさにベストな状態。
つまり、今の心境では、アメリカでATCもとりたいし、日本で働くのにもそのままアメリカにいるのも
東洋医学の知識は少なからずほしいと思っている。
しかし、現実問題、ただでさえ大学院にいくこともかなりの負担をかけてしまっているのに、
さらに専門学校に行くとか、ちょっと無理がある。
もし自分で働いて夜間で行くとなるとしても、まったくあてがない日本で生活していけるのかと不安になってしまう。
西洋と東洋のいいところをうまく組み合わせることのできるトレーナーこそ、日本で求められている人材だ。
しかしそれに給料が出ない。なんとも理不尽な話・・・
何をするにも選手のやる気が肝心で、選手がプレーしたいという気持ちがなければ絶対にリハビリは成功しない。
それはよく理解できているつもりだった。
でも、実際に私の選手との接し方には、ムラがあるというか、どうしても感情を左右させてしまいがちだ。
もちろん言ったとおりにしない選手に対しては怒るし、なぜそうしないのかを問うのは当たり前のことだ。
けれど、選手が毎日ちゃんとここに来たいなと思う場所にはできていないと思う。
もう一度会いたいなと思わせる人間のように、この人に助けてもらいたいと思われるトレーナーになるのって、
難しいことかもしれない。
もっともっと勉強しなくっちゃ。なんか開けたかもしれない。
選手を甘やかすのではなくて、自分で何とかしたいと思うときに助けを求めるところがないことに問題があるわけで、
現場での活動だけがトレーナーじゃないってこと。病院で働くってあんまり悪くないなと思った。
[PR]
by kanaeinoue | 2004-09-24 21:46
講習会二日目。機能解剖、バイオメカニクス、筋生理学、アスレティックリハビリテーション・・・内容盛りだくさんですごく為になった。というよりも、忘れている箇所を確認するのにとてもいい機会だった。違うやり方、違う考え方を学ぶって言うのは、自分の視野を広げるためだけでなくてバリエーションを増やすことにもなるし、新しいものを取り入れることでもある。今まで温暖な場所にいたのでそれだけでよいと思っていた部分もあったと思うし、とてもよい刺激になった。とりあえず、ジャンプ&クイックリフトで筋肉痛MAX!!!!トレーニングは継続してやることに意味があるのです・・・肉体的に疲れました。
[PR]
by kanaeinoue | 2004-09-22 20:09

セミナー

3つの大学が一緒に行う授業。こんなのは初めてですね。そして、率直に思うことは、こんな授業が本当にあったらどんなに大学の授業生活を有意義に送れたことでしょう・・・!ということです。別に、誰に不満があるわけではないんですが、このカリキュラムといい、授業内容といい、なんとか私たちの役に立つ内容を教えていただけないものでしょうか?と、強く言いたい!!学部長!学長!!!こんな冗談はここまでにして。。。
明日から学校が始まる。まぁ、初日からサボる(?)んだけど。気合入れて最後の大学生がんばって楽しみましょぉ~。
[PR]
by kanaeinoue | 2004-09-21 19:08

敬老の日

今日も相変わらず練習。おばあちゃんには2年くらい会っていないなぁ。元気にしているでしょうか?電話の一本でもかけましょうか。私は今日も元気にがんばっております!!そろそろ休みがほしいけど。数えてみたら、10月の18日まで休みがないことが発覚。正直、きついっす!!!!でもやるしかないっす。そろそろ学校も始まるし~。はぁ、ぼちぼち行きましょう。
[PR]
by kanaeinoue | 2004-09-20 19:07

連勝!

ついに、6戦目来ました!昨日の試合とは打って変わって出だしから東海ペース。最後は30点差の快勝でした。良かった良かった。けが人は少し出ましたけどこんなのどうってことない!コーチもここまできたら出す!みたいなこといって気合十分でした。試合が終わったらどおおおお~っと疲れが出てしまい、帰りの電車が本当に辛かった。早く免許がほしいな・・・・
[PR]
by kanaeinoue | 2004-09-19 21:06

貴重な1勝

今日は事実上の優勝争いを決める一戦でした。最後の最後までもつれてはらはらしましたが、3点差でものにしました!!!今日はとてもハッピーな気分です★でも、そのハッピーな気分を表にあまり出さず、次の仕事をてきぱきやらなければいけないお仕事・・・すべて片付け終わったころには選手はもう帰ってる、みたいな。それが宿命だね。それもまた面白い。とりあえず、よかった。。
[PR]
by kanaeinoue | 2004-09-18 21:04
もう1週間の練習が終わってしまった。
本当に夏休みは早かったなと思います、しみじみ。
最近タイトルに上げた言葉がとても頭をよぎる。
これは高校3年生のとき担任だった先生が、
最後の文集の中でみんなにあてたメッセージに書いてあったことわざ。
若い若いと思っていてもすぐに年をとるし、
そのときは気づかなくてももっと~しておけばよかったなという気持ちになってしまうというような意味。
この前文集を読み返したら、胸が締め付けられた。
今の私って、そんなに年をとっているわけじゃないとは思うけど(笑)
やっぱりこの言葉の深さが分かってしまうような年齢なんだなと思う。
人生は長いといっても時がたつのは早いって先生が言ってた。
周りを見ると、人生の岐路にたつ友人や就職活動で奮起している人たちを見ていると、
「ああ、もう学ぶってコトはこれから先自分で見つけるしかできないんだなあ」と感じる。
学生のうちって、やりたくなくても勉強しなくちゃいけなくて半分やらせなんだけど、
いざもう学生が終わりってなると、まだまだ遣り残したことがあると思ってしまう。
なんとも自分勝手な話だ。
これから自分でどんどん勉強していかなければ成長できない時期になってる。
そんな中で成り難い若いときにがんばることの大切さを思い知った。
[PR]
by kanaeinoue | 2004-09-17 20:38

喧嘩

今日はけっこう最低の日に近い。これほど感情的になってしまったのは久しぶりだったかもしれない。あまり書きたくないし・・・・やっぱりまだまだ甘ちゃんです。つくづくそう思います。これからいろいろ勉強して、いろんなことをコントロールできる人になりたい。感情も含めてね(笑)
[PR]
by kanaeinoue | 2004-09-16 20:30

けが人いっぱい

リハビリ中の選手、ケガしているけどやらざるを得ない選手、痛みを隠している選手、すべて含めると今何人?・・・・たぶんざっと10人はいるだろうな。困った~。まぁケガをしていないなんてコト自体がありえないんだけど。一日約4時間、ケアやリハビリのために時間を使う毎日。これで少しでも良くなったり、回復が早まってくれるととても嬉しいのですが・・・・
[PR]
by kanaeinoue | 2004-09-15 22:06

大人になりきれず?

今日はオフ。でもいつも通りの大学でのお仕事。ミーティングで、まさに学生だからこその話題でもめた。こんなこと考えている学生はうちくらいじゃん?て思うくらいに、真剣に自分たちの活動のことを考えている証拠でもある。これが早く回りに評価される日が来ることを願う。
まず、ひとつはお金のこと。私たちは講習会やセミナーを行ったときの謝礼は自分たちの活動会費に寄付している。なぜかというと、大学から十分な予算を割いてもらうことができないので、どうしても必要な物品をその会費で購入するためだ。今までに高級なデジカメを買ったこともあるし、それなりにいいものを買えるだけの額を貯金しているし、今は結構たまっている。しかし、最近交通費がかかる場所に関して実費でいくか会費で負担するかというのが問題になった。常識的に考えたら、勉強させてもらっている立場でお金をもらうというのはあり得ないし、むしろお金を払ってやらせてくださいという姿勢が望ましい。でも、実際にバイトもできないような生活をしている自分たちにとって交通費だけでもいただけたらありがたいというのも本音である。どうすればいいのかというので約3週間ちかく話し合っていた。結局、交通費は負担するが、謝礼としてもらったものは全額寄付。ひとまず決着がついた。。
次に、1年生の話。この前思っていたことと同じかもしれないけど、やっぱり今の1年生にトレーナーの心が育っていない。それは私たちの責任でもあるし、このシステムが原因だと思う。モチベーションが上がらないような活動をしていてもやる気は当然起こらないし、人から得る影響のほうが圧倒的に強い今の段階では、自分のやる気だけでこの仕事をするのは無理があるような気がした。それも意識の問題といえばそれまでなんだけど・・・もっとよくなるような気がする。なにかいい方法があると思うから、またミーティングだね。ミーティング大好きだな~、1週間に最低でも3時間以上は話してるからね・・・そんなに暇じゃないんだけど(汗)
最後に、大人であるってなんでしょう?単に年をとれば大人であり、尊敬に値する人であり、偉いんでしょうか?私にはそれが理解できません。「大人」といわれている人でも、何も考えてなかったり、常識はずれのことをする人もいるし、全体像を捉えることができなかったり、自分勝手なことをしたり・・・いますよね?そういう人たちにまだ「学生」と言われている人たちが意見を言うことは間違っていることなのかな?少なくとも考えることはできるし、良し悪しを区別することはできるから、意見をいう権利はあると思うし。難しいですね~、これも大人ってことなんでしょうか?まだ甘ちゃんですな。。
[PR]
by kanaeinoue | 2004-09-14 19:10