日本の大学を卒業後、アメリカへ大学院留学。アスレティックトレーナーとして、現在はテキサス州ヒューストンにて高校ATCとして勤務中。資格を取ってもまだ日々勉強です。4年ぶりの都会暮らしを楽しんでます☆


by kanaeinoue
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:未分類( 929 )

3-0

試合勝ちました!!
いえーい3連勝!!まー内容的にはかなり問題がありましたけど
勝てば良いのです。次までに修正が効けばそれで良いんです。
ディフェンスのビッグプレーが連発したおかげで勝てましたね。
良かったーーーわたしのラッキーチャームは今も健在だな♪

今日の相手はとってもリッチな学校でした。スタジアムがすごかった!
電光掲示板だってあるし、クーラーもたーくさん貸してくれて
自分たちのものをほとんど使わなかったしね。すごい。
ヘルメットのカタチをしたバルーンもあったし、マスコットの着ぐるみ?もあった。
なんだか大学を見てるようだったなぁ。
けど、勝ったから良いの!お金持ちを貧乏が倒すってスポーツならでは?!
すっごい下克上な感じで嬉しかったな♪
お金をかけなくてもフットボールは強くなれる。
貧しい選手たちでもフットボールでスーパースターにもなれる。
うちの可愛い選手たちが頑張って打ちのめしたので、それだけで満足!

However...
[PR]
by kanaeinoue | 2008-10-01 16:26

Cometsでのまとめ。

昨日、夜中にこのまえの日記に付け足していたのが見事に消えちゃいました。
あーせっかく頑張って書いたのに、、、悔しい。そしてなんも覚えてないしね。

気を取り直して、いってみようか?

うー・・・やっぱりダメだ。
一度出て行ってしまったわたしの中のことばはもう出てこない。
また気が向いたときに、気分転換に書きます。

**********************
さて、気を取り直して。

わたしがコメッツでやったことなんてのは大したことはなかったのですが
中でもいちばん自分なりにやったなぁーというのが、物品の管理なのです。
プロチームに来て、それかぁ?って思うかもしれませんが、管理されていない中、
半分が遠征で、その半分が練習と試合で、すべて別の場所でやっているのだから
物もあちこちに散らばるわけです。

ここでお世話になった人は、お世辞にもきれい好き、とは言えないので
ちょっと愚痴っていた時もありましたが、わたしが来てからすべて私がどこに何があるかを
把握していなければならなくなり、とっても大変でした。
まずは、普段使っているキットの中の整理から、、、遠征に使うバッグの整理。
何が必要、何が足りない、というのを書き出して、倉庫状態のオフィスから取ってくる。
オフィスに何があるかなんて全く知らなかったので、ないものは書き出し、あるものも
適当にメモしていたら・・・
これは、思い切ってぜんぶInventoryで書き出しておいた方がいいんじゃないか?
と思い着き、、、ほんとはこんなことやるものじゃないんだろうなぁ、と思いつつも
オフの日にオフィスに行って、ひたすら物品と格闘してました。
昨シーズンからのものがほとんどで、今年買った物もあるんでしょう。
すべてがごちゃごちゃでした。
とりあえず出来上がった物を見せ、改めて必要な物を注文。
その注文も遅く、まったく予測できないときに来るので、試合のために必要なグローブやアイスバッグも足りなかったりして、本当に今回のインターンはspplyに悩まされたな、と思いました。それ以外は、全く持って問題なかったなぁ・・・

こんなことでなんですが、ProgramでちょこっとでもO&Aを学んでおいて良かったと思ってしまいました。
今の試験って、ケガのことだったりリハビリのことは質問数が少ないな、と思うんですが、やっぱりそれには理由があるな、と。
ケガやトレーニング、リハビリなんかは、私たちの仕事だからイヤでも
勉強しなきゃいけないし、興味が続く限りはいつまでもContinuing Educationとなって学ぶことを続けていくでしょう。
けど、O&Aの分野は、学校で学ばなければいつ学ぶか?ということ。
もちろん、仕事をやりながらでも学べるかもしれないけど、やっぱり実際にシステム、
どういうやり方があるのか?などを基本中の基本くらいは知っておかないと、
いざ自分がやらなきゃいけない、というときに困ると思うんです。
別に否定しているわけではないのですが、ここのボスはインターン時代のATCなので、
やはりこいうことは勉強してこなかったそうです。
Supply Orderの仕方はすごい適当で、足りなくなったら買い足す、、、という感じ。
それでも良いけれど、もっと現状を把握して先を予測して頼んだ方がお金も時間も
節約できるのに、、、と何度思ったことか、、、ってね。
それが良い悪いというわけではなく、プログラムで育ったか、インターンで育ったか
という違いなのだと思いました。
昔のテストはたぶんO&Aの問題はそれほど出なかったんじゃないかな?

私はやっぱりうまく効率的に自分のチームを回すためには必要な知識なんだな、、、と
皮肉にもここへ来て感じてしまいました(笑)そいうことなんですよ、うん。
ということで、実体験のもと勉強せねばな、、と思いまいた。

あと、プロのチームとして選手の質について・・・

選手の質は、思ったよりも高くなく、でもやはり大学生よりも高いな、と思いました。
あと、年齢や選手の経験数でもぜんぜん違うな、と。
ベテランの選手は、もう自分が何が必要で何がいらないのかということを分かってるので、
私たちインターンも必要なときは使ってくれるし、これはできる人じゃないと
というのも選んでくる。若手の選手はむしろ精神的にまだプロにはなりきれてないので
話をきちんと聞いてくれるお母さん的な存在を求めてる感じだな・・・と思いました。
なんだかね、分かりやすいんですよねぇ、選手はどこも同じだー。
こっちがまじめにいろんなところに目を向けて仕事をしていれば、選手もそれを見てるんですよね。やっぱりやってることは間違ってないなぁぁーと思いました。
このチームでは、自分がやる!っていうのではなくて、アシスタントっていうのを
かなり意識して動いていたので、別にわいわいがやがやはしてなかったんですけど、
ベテランPeewee(私のマッサージのお客さん)が
「Kanaは落ち着いてるし毎日来てるから安心して頼める」と言ってくれました。
わたしはATにいちばん必要なことって、Consistencyだな、って最近再確認しました。
もちろん、イベントごとなどに出張に行く時とかは、そのときの要望に応える即効性や
FAなどを確実に正確にこなす、という正確性が大事だと思うけれど
チームにおいては継続性だな、、、っていうのが、結論です。
とくに女子の選手を相手にしたら、一発屋では信頼は得られない。
ある程度続けて、話をして、だんだんと心を開いてくれるものなんですよね。
どこにいっても同じだ・・・そう思わずにはいられませんでした。
UNOの女子バスケの選手を思い出すよー何してるんだろーねー。

あとは、技術的に。
うーん、、、正直何も学んでません(笑)
もう少しトレーニングは勉強しなきゃなぁーと思いつつも、実際にやるときがない。
リハビリはほとんどやらないし、PTクリニックに送っちゃうし、SCコーチもいるし。
やっぱり、ATとSCの両立って難しいんだよなぁ、と思いました。
自分で勉強したい部分ではあるけど、実際に使う場所がないと成長できないしね。
という意味では、これからの仕事で使えるのか??という疑問も・・・
セラピストになる気はないしなぁ・・・という葛藤が、いまだに回ってます。
これももう少し温めないと。
てか、そのまえに、、、。

現状を脱出しなければ!!!

ということで、まとめでした。まとまってないけど。
また思いついたら付け足して行きます。
[PR]
by kanaeinoue | 2008-07-30 06:10

Finished 1st Half

昨日でインターンひとまず前半終了で、これからオリンピックブレイクと称して
代表になっていない選手は2週間ほど休みになります。
うーん、長かったような、短かったような、っていう感じのインターンでした。
これから自分の仕事しだいですけど、手伝えるのならできるだけやろうと思ってます。
もしダメだったら、そのときは考えるけどね・・・もうひとりのインターンの子も
フットボールが始まると言うから、たぶん来れないと思うしね。

この2ヶ月で、いろんなことがありました。仕事に関しては、あまり大きなことは
なかったと思うけれど、大きな街に来て、いままでいろんな人に助けられて
なんとかなっていたものが、誰も知らない場所に来て、ひとつひとつ自分のチカラで
処理して行かなきゃいけない状況になり、かなり強くなりました。
誰も知らない、と言いつつも、なんだかんだ人に助けられ、協力してもらって
ここまで生きてるんだな、って感じがします。ほんとに感謝です。

さて、そろそろ仕事を始める時間です。インターンではできなかったことをやる時。
まだサインしてないので、どうなるか分かりませんが、きちんと良いスタートを
切れるように、準備しておきたいと思います。
[PR]
by kanaeinoue | 2008-07-28 11:42

Who is Big TIme?

お久しぶりだ〜。って、そんなでもないか。
このまえの注目選手はずいぶん前に書き始めてたのだけど、アップしたのが火曜日ってだけで、けっこう空いてたな。

今のWNBAは、何かと話題になる事が多くアメリカにいる人はけっこう注目してるんじゃないかな?と思います。ニュースにもなっていることなので、あまり私は書きませんけど、いろんな見方ができるLAとデトロイトの試合でしたね。

そんな中、今日はヒューストンはデトロイトと試合でした。ESPNも来ててまさに今、時の人たち、話題のチームとの試合。相手は8人しかプレーヤーがいませんでした。前半はなぜかリードを許したものの、最後は20点以上の大差で勝利。。。そりゃ当たり前だ、相手はスタートがほとんどいないんだものね・・・途中どうにしても修正が効かず頭を抱えていた向こうのヘッドコーチの姿がとても印象的でした。プロとしての厳しさもあるけれど、ここが勝負どき、というところで痛い罰則になったな、と思います。

うちはずっとホームゲームが続いてるので、なかなか勝率も上がっていい感じです。オリンピックブレイクまではこのまま行ってくれるんじゃないかなー?と期待してるけど、どうだろうなぁ〜。あさってで一応最後になります。9月に帰って来たときにインターンを続けていられるかどうかは、けっこう微妙ですね・・・

けれど、わたしのチームでの役割はもうけっこう決まっていて、試合前必ずマッサージを頼んでくる選手が二人います。今日はそのうちのひとりの選手に「かなもロードの試合来てマッサージやらないと」と言われて、「行けるもんなら行きたいよ〜チケット出してくれぇ〜」って話してました。バスケの選手はもうメンタル。マッサージが気持ちを盛り上げて、疲れている筋肉が和らげばそれで良いんですよね・・・とっても葛藤があるけど、それもひとつの選択肢なのかな、と思います。だって、1週間で3−4試合してたら、誰でも疲れるし、筋肉も悲鳴あげるからね、、、。選手に必要とされちゃうと、ますます頑張っちゃうごく単純な私でした。。。

火曜日にフェニックスと試合があって、あの日本人選手がヒューストンに来ていました。ずっと前から楽しみにしていて、話すチャンスがあるかなー?と様子を伺っていたのだけど、さすがに向こうのスタッフ、選手たちに囲まれているのでその中をかいくぐって話に行くほど立場ではなく(笑)結局ハーフタイムにちょこっと近寄って話しかけてみました。彼女も気づいていてくれたみたいで、試合が終わった後も少し話をして、夜遅くに夕食にも行く事ができました。

バスケをしている人間にとっては、もうスーパースターなのでどうなるかなー?と思ったんですが、とっても気さくでいろんな話をしてくれて、短くてもとても楽しい時間でした。すごい頑張ってて、挑戦していて、わたしももっと頑張らなきゃな、、、と思いました。自分を甘やかしている場合ではなく、ちゃんと最大限できることをやっているな、という印象で、プロ選手としての意識がものすごい。話せて良かったです。

とにかく、いろんなことがありながらもどうにかやってます。話すときりがないくらいの出来事が毎日起こっているので、この忙しさは半端ないですね・・・でも、わたしは忙しい方が生きてる、って感じがするから好きかな(笑)元気出してがんばろ〜!

長いなぁー最近ミクシィ書いてないんだけどね。。。ま、いっか〜。
[PR]
by kanaeinoue | 2008-07-25 14:00

The Players of Houston Comets

これは、単なるいちバスケファンとしての日記ということで。。。
今まで、あまりWNBAには興味がなかったわたし(汗)
ま、バスケは好きですが、そんなに根詰めて毎回試合を見たりするほどの
熱があるわけではないし、学生のときはほとんどテレビなんて見てないしね。
けれど、今巷ではParkerのダンクがなにかと騒がれていたり、だんだんと人気も出て
WNBAは実は面白いんだ、ということを人々が分かって来ているの??
なんて感じる事も多いです。そりゃ、NBAには適わないけれどね、いいんです。
それでも女子のスポーツとして、他のどのスポーツよりもプロで成り立っていることが
すごいことなんですな。女子だから私にもチャンスができたというのは
まぎれもない事実ですしね。ありがとうございます・・・

さて、コメッツのおすすめ注目選手!
わたしが試合を見てて、こいつうめええええええええ!!!!!と叫んでしまう
コメッツの愉快な選手たちでございます。

まず、20 Tamacka Dixon
この選手は今までケガが多くなかなかフルで試合に出れなかったりしていたんですが
最近ようやくコートに戻れるようになってきました。
この選手のバネはすごい!!細くて当たりには弱いのかな?と思いきや
そこはベテランの経験がものを言って、うまいボディバランスで放つシュートは
ほぼ100%入ります。それがもーーーお見事。
ジャンプストップからのシュートがあんなに綺麗に決まる選手は男女あわせても
なかなか彼女の上を行く人はいないかも??なんて思います。
頑張って、これからケガなくこなしていってほしいなあ・・・

そして1 Mattee Ajavon
Matteeはルーキーで、さいきんはあまりプレータイムがもらえてないんですが
スピードがあるわけでも、サイズが大きいわけでもないけど、間合いが上手い。
とわたしは思う。1on1はかなり強くて、相手を翻弄してドライブするかんじ。
ま、まだ若いので勝負強さはあまりないのですが、、、これから期待の選手。
どっちかっていうとTamackaみたいなプレーではなくて、パワー系ですね。
これからもっとシュートの精度を上げれば、間違いなくスタートに定着だなぁと思う。
MatteeはNew Jerseyの出身で、とっても性格の優しいコです。

5 Erica White
スタートのJohnsonも良いんですが、わたしとして一押しはエリカ。
彼女はマジで速い!!見えません。どこ行ったんだ!?とコートを探しちゃいます。
彼女はドライブインをしてファウル後のコントロールがすっごい良くて
バンバンバスケットカウントもらってました@LAのゲームで。
勝負強いのはルーキーとしてはかなり重要で、Secondとして良い役割してます。
あとはもう少しゲームメイクができるようになることかなぁ。
けっこう攻めるガードなので、他の人も使えるようになったら言う事なし。

最後に 7 Tina Thompson
どれだけ有名か分かりませんが、Tinaはオリンピック代表です。
キャリアはもう11年なので、3回目?のオリンピックなのかな・・・すげー。
経験、サイズ、センスともに彼女はほんとすごいです。シュートも必ず決める。
なんといってもシュートの確率の高さが彼女の売りだと思う。
どんな体制でも、相手に囲まれようともシュートを決める強さ。圧巻です。
キャプテンとしてここぞというときも引っ張って行ってる。
チームワークという点では、Tinaがもっとまとめてくれればチームも良いんだけど。
彼女は子供もいるし、家族もバスケで養っているし、すごいですね。

こんなかんじかなぁ〜。
わたしもいちおうバスケ素人っていうわけでもないですが、口先だけで良いポイントを
ついているかどうかは分からないけど、こんな感じの選手に注目してます。
みんなそれぞれ良いところはあるけどね。
さて、、、今夜も頑張ってもらおうかね!!
[PR]
by kanaeinoue | 2008-07-23 05:53

Challenge

Challengeすることが好き。
それが自分の実力に見合っていても、いなくても。
成功と直結しなくても、やってみることが好き。
待ってるのが嫌い。いつでも攻めている気がする。
それは、たまにキズだったりするんだけど。。。

Challengeしてる人は、いつもPassionで溢れてる。
新しいことに挑戦する事で自分が得られるもの。
他のひとからもらえるエネルギー。
失敗した時でも、そこから学べる教訓。
すべてが自分の財産になるでしょ?
それを得るのに貪欲である人はキラキラしてる。

新しい事するのって、けっこうエネルギーを使うんだ。
気づかれすることだってたくさんあるし、弱気になることもある。
けど、次の瞬間には頭を切り替え、やるべきことに集中する。
今までのわたしの人生は、大成功なんて決して言えないけど
それでもいつもチャレンジする事だけは辞めずに来てるな、と思う。
アップダウンを繰り返して、結局ここに戻ってくる。

これからは、それを結果に出さなければいけないんだな。
これからプロとしてやって行きたいならば、「トライした」だけではなくて
チャレンジしたことで何かが見を結ぶことが不可欠。

なんか、スポーツと一緒だね。アスリートと同じだ。
プロで厳しい世界を見て、本当にアスリートは過酷だと思う。
ATはそこまで厳しく評価される事はないけれど
そのくらいの気持ちを持って仕事をしなければいけないな。
アスリートもATも切磋琢磨して、スポーツを盛り上げていけたらいいな。

常にチャレンジ精神を忘れずに。

Nothing in this world has been accomplished without passion.
[PR]
by kanaeinoue | 2008-07-22 14:23

はぁ〜

今日はとってもイライラしていたなぁ、と思う。

昨日試合だったので、12時から練習でした。
いつもどおりに行って、準備をして、選手を待つ。今はあまりケガというケガが
ないものだから、とっても暇な練習前でした。
でも、何か新しい事はないか?といろいろ探すわけですね。
けれど、探すどころか、またひとつのことに気づく。
またアイスバッグがない・・・昨日終わったのは分かっていたのに。
もう同じことは2度書きませんが、こいう抜け目がとっても気になります。
わたしが気づいたら、そのへんのドラッグストアで買って来て用意してこい
ということなのでしょうか??
仕事のものを自腹で買うほど、わたしはお金ありませんから。。。

そんなに重要なことじゃないかもしれないけれど、いつも私物と仕事の道具が
ごっちゃになっている人は、仕事のサプライさえもきちんと把握できない。
わたしは仕事のほうばかり集中して、自分の生活がごちゃごちゃになってくタイプ
それもどうかと思いますが、仕事がきっちりできていれさえすれば、自分の生活は
いくらでも改善できるし、誰にも迷惑がかからないもんね。

でも今日はほんとに迷惑がかかった。練習をしている施設のすべての場所を
回って、小さいプラスティックの袋はありませんか???と聞いて訪ねる。
結果的に、ギフトショップにちょうどいい大きさのものがあって、10枚いただいて
なんとか今日は間に合ったけど、、、
こいうことが多すぎて、イライラ。
わたしがただの神経質になりすぎているのかもしれないけれど、大事でしょう。
なんか、最近はほんとに使われているように感じて来てしまっているのが
とってもイケナイ傾向ですね。ファイリングとか、誰でもできるじゃん、、、
って思いますけどね。それができていないひとのお世話をするって、なんか
インターンでもアシスタントでもないと思うんだけどな。。。

ま、愚痴っても仕方ないので、もっと自分のためになることを考えていかないと。
いろんなことが重なっているのもあって、イライラするのは仕方ないのかな。
だから、昨日ヨガでがんばってMeditationしようとしたのになぁ・・・
できてなかったわ。ヨガのときは、Athleticの血が騒いで、なかなか自分の限界を
見つめられていないんだろうなぁ、無理しちゃうしね。
ポーズをとる事ばっかり意識して、呼吸を止めちゃうときとかあるし。
むぅ〜なかなか「無」になるのは難しい・・・
しかも、もうちょっとコンスタントにいかないと、期間が終わっちゃうわ〜。
来週は週4くらいでがんばろ(笑)今週は3試合あるんで、ちょっとムリかな。
[PR]
by kanaeinoue | 2008-07-20 04:58

無敗神話?

なーんちゃって・・・
でも、わたしがいる試合は負けてないんです。ホームでは全勝!
どれだけロードで勝てないか?ってことですよね・・・
プレッシャーに弱いのか、遠征でのコンディショニングができてないのか。
どっちにしても、今のままのペースでは到底プレイオフには行けません。
誰かがみんなに喝を入れないとダメなんじゃない?と思うけれど
なんかなー、なんとなく1つになっている感じがしないのよねぇ。

相手のATCの人とちょこっと話したり、仕事している姿を見るのも
とてもいい勉強になります。どういう小道具を使っているのか?とか
どうやって選手の要望に、どの程度答えているのか?とかね。
今日の相手チームの人は、かなりOrganizedされてて、あまり無駄もなく仕事してて
おおぉ、見習いたいなぁ、と思いました。しっかりとしてるのって
仕事ぶりを見れば、そして持ち物を見ればだいたい分かるんですね。
ほんと、これはうちのボスも見習ってほしい・・・・・・切実。

今日はアイスバッグが足りなかったんです。もう前々から分かっていた事。
もうなくなるよー50枚くらいしかないよーあと30枚だよー?
って私はずーっと言っていたんです。オフィスとアリーナといろんなところに
supplyがぐちゃぐちゃになっているので、どこに何があるか把握していなかったから
わたしはチームが遠征に行っている間、すべてのsupplyを確認して
Inventoryをしました。在庫確認ね。そして、今までないと思っていたものが
あったりとか、もっと保管してるものがあるだろうと思っていたものが
実際もうすぐ品切れになりそうだ、とか、、、いろいろメリットはありました。
けれどね、あまりにもオーダーの仕方が適当で、何がどのくらいいるか?
なんてことは考えもせずに、足りなくなった者を買い足して行く、という
状態なんです。Need-Based Budgetingですね(笑)
うーん、それでも良いんだけれど、わたしの忠告をもうちょい早く聞いて
しっかりとオーダーしてくれ、、、ということが言いたいだけで。

話を戻すと要するにアイスバッグが足りなくて、いろんなところからUsedだったり
他のものを入れていた袋を取って来たり、仕舞いには足りなくて相手チーム用に
作ったアイスバッグをごめんなさい!って言って拝借したり・・・
これっって、わたしのせいじゃないけど、インターンの責任なわけぇ?
わたしは自分にできることはすべてやっているつもりですけど・・・
グローブもないよーないよーーーって言ってても結局間に合わなくて
わたしがサマーキャンプ用に急遽買ったWalgreenのグローブを使いましたさ。
うん、、、こいうOrganizeに関しては、何も見習うことはないな。笑

正直コメッツにいるって事自体なにか特別な感じも最初は感じていたけど
実際はそんなこともなく。やれることはみんな同じ。
アスレティックトレーナーができることは現場での状況判断とDrへのreferralであって
それ以上のトリートメントやリハビリに時間を食っている場合ではないし
その場の練習や試合をどうにかこなせればそれで万歳な訳です。
これは駆け出しATとして前々から感じていた事ではあるけど、やっぱりもっと
自分のSpecialityを持っていたい、というおもいがどんどん強くなってくる。

(ちなみに、いまは決してそんなことをしている場合ではないので
あくまで考えているだけですが・・・・・)

まずは、現場できちんと円滑に物事を進められる事が先だけれど、先を見て
自分の色を出して行くことも考えていかなければ、、、と思います。
そいう意味では、ここではその色はあまり見つけられないかな、、と思いますが
まだ学ぶことがあるかな?と思うので、もうちょい頑張ってみよぉ〜!
明日は練習、あさっては試合。楽しみだ♪

では、、、今日もヨガをしてとっても疲れたので、そろそろ寝ますか。
長いなぁ、今日・・・話が飛び過ぎですね。すいません。
[PR]
by kanaeinoue | 2008-07-18 14:11

乗り越えるべき山

しばらくぶりですが、生きてます。
生きてますが、とてつもなく大変な状況にあります。
まだ詳しくはかけませんが、これを乗り越えて
あーあのときは大変だったなぁー
と後で笑って武勇伝のごとく話せるように
今はひたすら歯を食いしばって頑張るしかないかな、と。

仕事の話はいろいろありますが、いまだに決定できずにいます。
それもこれもすべて自分の責任。
自分がやっていることが付けとなって仇となって返ってくる。
人生うまくできたもんです。
だから、今からはしっかり頑張るしかないのだー!

最近、サマーリーグ(高校、社会人ともに)を手伝っていて
毎日10試合くらいバスケを見ています。
みんなうまいのねー。高校生でもバンバンダンクいけちゃう。
これ、日本の大学生とやっても勝てるんじゃ?って感じ。
大学のスカウトなんかも来てて、ちょっとしたドラフト気分。

こんなところでもケガはいっぱいでした。もー大変だった。
Ankle 4, Knee 3, Head (mild concussion) 1, finger 2?, elbow 1, and bleeding many.
いっぱい勉強させてもらいつつ、お金がもらえるって幸せなことだなぁ。
わたしはまだ社会人1年目。まだまだ学ばなきゃいけないことがたくさん。
それをいちばんに考えて、仕事も選びたいと思います。

ある程度自分の中での気持ちが固まって来ました。
良い報告ができるように、頑張りたいと思います。
乗り越えられない山はないと思う。試練は与えられているんだ。

ではぁ〜寝ます!明日も11時から試合なので
ちょっぴり早めです。明日は勝てるかなぁ?
チームはいまひとつになる時だと思う。負け越してるしね。
頑張っていただきましょう〜!
[PR]
by kanaeinoue | 2008-07-17 13:27

良いパパ

面接行って来ましたー。とっても小さな学校。
3Aだと言っていたので、真ん中くらいにランクするところです。
あんな小さな町なのに、道に迷うわたしってどうなんでしょう・・・
せっかく地図も調べて行ったというのに、ストリートが見つからなくて
通り過ぎたりして、、、よくヒューストンで生きて行けてますね。

学校に着くと、ほんとに小さいECC、middle、Junior H, そしてHighschooが
ポンポンポンと建っていました。分かりやすい。
今、工事中で新しくスタジアム、フットボール場を3つ、野球とソフトボール場
新しいアスレティックの建物などを立てているそうです。

今日話をしたのは、AD/Football head coachとなっている人。
良いパパでした・・・
なんと、ATを雇うのは初めてなんだそう。
今までは派遣って言う感じで呼んでいて、週に1回来てくれるだけだったのだとか。
それが、3Aに上がったので、ADが絶対に必要だ、ということで雇う事に。
そうです、、、初代のヘッドトレーナーになっちゃうんです。
これは、、、大事だ・・・と。
でも、すごくいい印象を持ってくれたようで。
テキサンズにとってフットボールがどれだけ大切か分かってるよね?と
確認されて、今年はチャンピオン、プレーオフに戻るのが使命なんだと言って。

何も用意されていないところで、ペーパーワークやトレーニングルームの掃除
そしてメディカルサポートの確立などやることはたんまりあります。
バジェットもぜんぶ好きにやっていい、ここからがスタートなんだから、、、と。
うん、楽しそう。そう思いました。
ビザの事とかも、正直分からないから、任せるって感じだったし
学校としても、ダメということはたぶんないと思う(ここ曖昧ね)
たぶんちゃんと確認してみたらダメだった、、、ということもあり得る。
でも、環境的に、とっても良い学校で、ファミリーみたいですごい楽しそうだな
と思いました。決してキャリアという点では、どうなるか分からないけれど
自分のスキルアップとしてはこのくらいがちょうど良いかも?と思います。
ぜんぶ自分で責任を持って判断する事とか、今までできなかったし・・・

ADの考え方もすごく共感できたし、何もないけど、頼めば買ってくれそうな。。。
うん、、、どうしよう、、、、

もうひとつ、候補がありますが、そこはライセンスが来ないとダメだって。
まだ会ってもいないし、取ってくれるかどうかも分からない。
でも、場所的にはベストで、コメッツも手伝えるだろうし、いろんなチャンスが
巡ってくる可能性もある。規模もかなりデカイ。
多くの人が知ってると思うけど、テキサスの高校ってお給料すごく良いから
そこはまったく気にしていないけれど、どうしたら自分が満足できるか。
環境的にも、気分的にも・・・
うーん、、、、、、どうしようか、、、、、
ちょっとまだ決められないなぁ。
どっちみち、わたしのやらなきゃいけないことは、決まっているのだ。
[PR]
by kanaeinoue | 2008-07-11 09:37