日本の大学を卒業後、アメリカへ大学院留学。アスレティックトレーナーとして、現在はテキサス州ヒューストンにて高校ATCとして勤務中。資格を取ってもまだ日々勉強です。4年ぶりの都会暮らしを楽しんでます☆


by kanaeinoue
カレンダー

2006年 09月 27日 ( 2 )

Upper Crossed Syndrome

えーっと、私はUpper Crossed Syndromeにかかっています。えへん、自慢じゃないです。
最近、無性に頭痛がするので、まー肩こりだろうなぁ、とは思っていたんだけど、
もうなんか上半身のだるさがどうしても抜けなくて・・・で、今日Spineの教科書を読んでいたところ。。。なんか、とても見慣れた写真を見つけました。
b0058450_14325222.jpg教科書の写真がすごい分かりやすいんだけど、こんな感じで。まず、”Poking Chin”突き出ているあごがこの症状を誘発させるらしいです。もともとあごが前に出ていなくても、筋肉のTightnessとWeaknessが元になって起こることもあります。まず、
①Weakness
Deep neck flexors are tight ⇔ RhombidやSerratus anterior,lower Trapezius

②Tightness
Pectorius major&minor ⇔ Upper trapezius, lavator scapulae

肩を境にして片方が固くなればそれに伴って反対側が弱くなっていく、というのが体の前後面にわたって起こっているということになります。
TrapとLevator spaculaeはめちゃくちゃ固く、これが主な頭痛の原因でしょう。背中は丸まっていて菱形筋はまるで働いていないのではないかな??そして、Pecはもともと硬いのだけど、運動不足でますます・・・そしてDeep neck flexors...これは??分からないけどたぶん弱いんだろうね。あごがちょっと出気味??(笑)

てなわけで、これは自分のからだを使ってちゃんとリハビリしてみなければ、と思ってます。
運動不足+ストレスでなんか冴えない今日この頃。そろそろ運動しないとまた痩せちゃうし、、、
健康的でいるためには、やっぱり運動しないといけないですね、はい。。。

ということで、Upper crossed Syndromeのためのエクササイズの紹介。

①Stretches
バランスボールの上で、背中のストレッチ
深呼吸をして、ゆっくりとおなかを伸ばすつもりで。これで、きちんと背中もストレッチされている。

首:片手を頭に持っていき、ゆっくりとストレッチをする側に押す。全部で6方向。
屈曲+側屈の斜め方向でLavotor scapulaeをストレッチ!

胸:壁か何かにつかまって手をひっかける。そのまままっすぐ前に移動し、胸を伸ばす。
あー、写真があったほうがいいなぁ。。。

②Training
Shoulder shrug: 僧帽筋のため。あまり強い刺激を与えるわけではないので、軽めのウエイトで、Facilitationのつもりで・・・。肩こり解消に最適のエクササイズなので。

Lowing: 菱形筋、僧帽筋下部のため。ゆっくりとひきつけるつもりで。マシンでもフリーウエイトでもどちらでもできるし、もし重かったらチューブでもOK。背筋をしっかり伸ばしてやる。

Scapular stabilization: 肩甲骨の上方回旋をスムーズにさせる。肩を外転90度肘90度屈曲の状態で肩をさらに外転させ、肩甲骨の上方回転をする。あまり僧帽筋を使わないようにするのがポイントかな・・・。これはかなり痛みがある。私だけ?

腕立て: Pecのストレッチもかねて、姿勢を保ったままで腕立て伏せをするつもりです。

ちょっと頑張って改善してみます。ついでにLowerもやらないとなぁ~。。。アライメント不良が、だんだん祟っているきがする。ちゃんと予防しないとだ~頑張ります!
[PR]
by kanaeinoue | 2006-09-27 14:58

Graduate Class

土曜日以来の日記になってしまったなー。
そんなに忙しかったわけではないのだけど、ちょっとだらけていたので。
あっという間に一週間が終わってしまい、気づいたらもう週の半ばになる・・・
なんて時間の進みが速いの!!まだなんもやってない、、、って気でいっぱいなのに。

来週はかなりテストが詰まっているし、そろそろミッドタームが来るので、
心していかなければいけないクラスばかりです。
特に、GradのクラスはEssay形式のテストが多いので、これが一番苦労してます。
クラスの内容が理解できても、言葉をきちんと使って説明するには、
かなりの語彙が必要・・・教科書まる覚えで着たらいいけど、そんなの無理。
どうやってうまく答えを導き出せるか、すごく考えてしまうな。。。
とりあえず、ピンチですねーーー。どうしようかなー。
Underのクラスではそんなに一生懸命勉強しなくても、結局はなんとかなってたってことだね。
今は、どんなに一生懸命やっても、どうにかならないクラスがあるからね~・・・。
いやいや、まだできるはず。気合いが足りないだけだ。頑張らねば!
きちんと準備して、書く準備!!対策を練りましょうかねー。

対照的に、実習のほうは順調です。Evalもやらせてもらえてるし、ほとんどがTapingだったり
するけど、問題ないのでお客さんも増えて楽しんでやらせてもらってます。
あとはね~、きちんと周りを把握してKidsの指導ができるようになることでしょうか・・・
このセメスターじゃちょっと早いかな。自分のことで精一杯だったりするけど、
あの子達指示がないと本当に働かないので、ちょっとはする必要があるのでね。
ACIたちの真似をして、ちょっと回数を増やしてみるのはありかもしれないです。

さてと・・・お風呂に入り、これからStatisticの課題をやります。
[PR]
by kanaeinoue | 2006-09-27 14:24