日本の大学を卒業後、アメリカへ大学院留学。アスレティックトレーナーとして、現在はテキサス州ヒューストンにて高校ATCとして勤務中。資格を取ってもまだ日々勉強です。4年ぶりの都会暮らしを楽しんでます☆


by kanaeinoue
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Going to the Play Off!!!

なんで毎日こんなにいろんなことが起こるんだろーなー???と
首を傾げてしまいたくなるくらいに、ほんんんっっっとに、いろいろあります。
結果的に今日の試合は勝ったので、ハッピーには変わりないんですけどね。

まず午前中、ステロイドテストが定期的に行われるのだけど
その準備がまったくできていない、ということでUILという協会から
Violationを喰らった。正直言いまして、ぜんぜん意味が分かりません。
まだバスケットボールとフットボールしか始まっていないので
誰がどこの選手になるのか?なんて分からないし、バスケットの選手だって
Physicalを提出しているのはほんのわずかな人数。
誰がプレーしているのか分からない私は書類を集めようがありません。
選手が持って来るのだけ名前をチェックして集めているけど
バスケットをやっているだろう選手はぜんぜん持ってこないし・・・

で、ステロイドフォームが集まっていないからViolationって何???
誰がチームに入るかも分からないまま適当に人集めたってそれこそ何も意味ないし。
そこでわたしに責任を負わされても何もできませんけど???
まぁ、ヘッドコーチもそう言っていたので、とりあえず、集めるか。。。
という感じです。マジでーーーうざーい。

そして、午後。
このまえの日記にも書いた通り、わたしは授業を持っていないから
6、7時間目は基本的にトレーニングルームを閉めておきます。
サボっている生徒たちのたまり場になることが多いし、
実際スポーツをやってなければ必要のない場所ですから。
すると、トレーナーの生徒たちが2人来ました。
クラスで授業をやらないからここへ来た、といって中に入れてほしいと。
またそんなんかい、、、と思いながら彼らを中に入れて彼らはボトルを洗ってた。
そこまでは良いのだが、、、
いつもの、女子バスケのコーチが登場。トレーナーの生徒一人に怒鳴り始める。

どうやらこやつは元バスケットの選手らしく、7時間目はバスケコーチの
授業を取っていたという。でも、彼女の主張ではずっとトレーニングルームに
ここ数週間来ていた、と。(ええええええぇええ、見てないから!!)
授業に顔を出していない、スケジュールも変えていないから
ぜんぜんクレジットをもらっていなく、このままではFになるぞ、と。
どうしてそこまで放っておけるのか?それさえも疑問で仕方ない。
私のところで働いても何もクレジットにならないし、それさえも私に言わないのじゃ
もう何もかも彼らがやりたいままにやって、結局損をするのは自分だってこと
なぁああああぁーーーんで分からないんだろう???
ほんんっっっと、あたま悪い。。。それでとにかく、彼女は体育の授業の成績が
かなり低くなる見込み。そんなこと今頃言われてもね。ほんとバカ。
わたしもちゃんと確認するべきだったと思うけど、それでも彼女をTRでこの時間見たのは今日が初めてでしたから、、、もうね、手に負えないっす。

そんなこんなで、今度は放課後。
今日はめずらしくトレーナーの生徒たちもちゃんと顔を出していて
おっと、今日はちゃんとやってくれるかなー?シニアナイトだしねぇ〜〜なんて
思っていたのが間違いでした。。。
何故か分からないけど、Luby'sに行くバスがかなり遅れていて、かなりビハインド。
これはーまずいかもーーーと思いつつ、彼らがごはんに行く前に
ちょっとだけテープを巻き始めて準備しておいて。
トレーナーの生徒たちには「遅くとも5時半までには全部用意しておくように」
と伝えました。ドレスアップする時間も十分にあった。
学校が終わってから試合が始まるまで、4時間あったのだからね。
選手たちが帰って来たのが予定より30分遅れだったので、かなり急いで
テープを巻かなければいけない状態に・・・かなり焦ったぁ。
1人1分なんてもう余裕だね、ってかんじでした。生徒たちを見ている暇もなかった。
6時過ぎになって、外へいこうと思ってキットの準備をしていたら
なーーんとまだドレスアップしていなくて、靴がどうだ、カーキパンツがどうだ
なんてトレーニングルームでもたもたしてる。アイスもクーラーもまだ用意されてない。
はぁ・・・・・?今までの時間何をいったいやっていたのだ??
もぉおおお焦っていたのもあったし、かなり怒鳴って何やってんだよ!!
と叫んでしまった。もっと考えて行動しなさい!!!!!って。
他のシニアナイトに出る生徒たちは、コーチに呼ばれたからと何もしないで
ずっとフィールドのベンチで座っている。生徒のひとりはどこかへ消えてった。
わたしは選手のテープをしなくちゃいけないからそんな子たちに構っている暇もなく。
早くしろーーーとかなり言ってようやく準備が終わったのは15分前ですよ。
ありえない、、、、、、これ、もう9試合目なんですけど、、、、、、。

試合が終わった後、また集めてお説教をすることに。別に怒鳴るつもりはなかったけど
わたしが話しているときにまたまたこのまえもめたシニアのコがかぶって文句言うし
生徒たち同士で誰がやった誰がやってないだなんだかんだ、、、って言うもんだから
もう、やってらんないと思い、ちょっと言い方を変えました。。。
「チームワークが無い人は、チームでは働けない、と。私たちはチームを助けるためにここにいるわけで、これに何か報酬があるわけじゃない。あなたたちがやりたいと思ってここにいるなら良いけど、別にやりたくないなら去って行って構わない。私は別にお願いしているわけじゃないよ。2、3人で十分だし、ひとりでだってやっていける。あなたたちがモチベーションがあって、チームのために何かしたいと思うなら、人の仕事を指して文句言うんじゃなくて、やることをやりなさい。みんなで働いてひとつの仕事をやるのがチームワークでしょう。それができない人は、チームには必要ない。誰かのせいにして何かを失敗したら、結局チームは負けるんだ。ここはまるで幼稚園みたいだよ、もっとトレーナーとしてのプライドを持って、トレーナーがやるべきことをやりなさい。自分勝手にやりたいことばっかりやってないで、チームのために働きなさい。もっと考えなさいよ・・・・」
てな感じのことを言ったかな・・・自分でも覚えてない(笑)

仕事をする子としない子は十分に見ているし、誰がどうってのは私が見ることで
彼らが言い合いをするところじゃないからね。ほーーんんと、文句や言い訳ばっかりの
シニアがいちばん曲者なんだけどね、、、、どうしたものかな。。。
生徒の2人からプレーオフには人を厳選してほしい、と言われた。
それもありかもしれないな、、、と言う感じだけど、ま、考えます。
この子たちにどれだけわたしのエネルギーを注げば良いのでしょうかね・・・・・


さて、気を取り直して!
勝ち星、得失点差などですでにプレーオフ出場が決まっていました!!笑
それにはわたしがビックリです。なので、けっこうみんなリラックスして楽しめる
かなぁ〜〜?なんて思っていたのもつかの間・・・・
もう出だしからミスの連続・・・・
1Q終わって14−0でした。負けてるし!!!!!!!
マジで頼むよぉおおおおおおお!!!!!!!って感じでした。
そこからだんだん調子を取り戻して結局は34−14で勝ちましたが
もう1点もあげなくても良いくらいの相手だったのに、、、これで大丈夫??
と思ってしまうくらいの試合内容です。勝ってみたは良いけど納得いかん!!

相手チームはこちらのけが人を把握しているようで、うちの可愛い子供たちの
ケガの場所ばかり日本で言う「寝っ込み」に来ます。このやろぉおおー!
またRBが捻挫したし、センターの子は同じところを打ち、アウト。
もう、、、、わたしにはやる術がありません。どうしたものかな・・・・・・
とりあえず、何も大きなケガはなかったですけど、危ないなぁ、対策を考えなきゃ。


来週からプレーオフ!
頑張ってもらおう!!まだ終わりたくないよね〜〜可愛い子供たちよぉ〜〜!
頑張ってもらいましょう!!わたしもちゃんと頑張りますよぉ〜〜〜。
[PR]
by kanaeinoue | 2008-11-08 15:17 | Athletic Training