日本の大学を卒業後、アメリカへ大学院留学。アスレティックトレーナーとして、現在はテキサス州ヒューストンにて高校ATCとして勤務中。資格を取ってもまだ日々勉強です。4年ぶりの都会暮らしを楽しんでます☆


by kanaeinoue
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

1 Down, 2 More to Go!

1ヶ月ぶりの勝利!!!
35−10とまぁまぁの内容だったけど、何はともあれ勝てて良かった。
これでまだプレーオフには望みを繋いでおけます。よかったねぇ〜〜〜〜。
これでコーチ陣の機嫌も少しは良いんじゃないんでしょうか?w
1ヶ月も勝てなかったんだからね、、、わたしだってキテマしたww

ホームカミングでした!!あまり思ったほど人が来てなくてびっくり。
みんな試合が始まってから来だしたからね、、、この地域を感じます。
ホームカミングクイーン&キングなんかがいて、和やかな雰囲気でした。
試合にしては、ハーフタイムが長いってだけなんだけどね、、、
なんかあっけなかったなー。もっといろいろあっても良いのに!





ま、試合は勝てたんだけど、わたしはまぁまぁの調子だったというか
いろいろまた考えてしまって、何が良いんだか悪いんだか分からなくなっちゃった。
やりたいことをやらせてもらえない、やっていることに文句をつけられて
いつもはいないのにこういうときだけ上から押さえつけられるようなことをされると、
アシスタントと言う身でも、私だってぜんぜん納得いかなくて。
わたしのことをまったく尊重してくれないんだよなぁ。

わたしのボスは基本的にあまり練習に来ません。来るとしても、遅い。
練習の前には到底間に合っていないし、簡単な練習の時は姿も見せない。
それでパートタイムとしてお金もらっているところがちゃっかりですけどね。
ただ単にボスキャラとして、いろいろ指示だけだしててくれれば
私だってほかのことは全部やるし、別に人手が足りないわけじゃない。
本当に申し訳ないけど技術の面で特に学ぶことも持っている人じゃないから
私は自分の持っている今現在の実力を使うのにちょうどいいはず。

けれど、ゲームの日は自分が中心だーとばかりにいろいろ騒ぎ散らす。
トレーニングルームに入って来たとたんに怒鳴り、私がゆっくりとしつけてる
女の子たちにいらない言葉を吐き出して泣かせちゃうし
どういう働きをしているか見ていないのに、いきなり首だとか言っちゃうし
ちょっと、、、へんなことしないでよ、、、って思いました。
しかもわたしはちゃんと電話するとき報告しているのに忘れているし。
まー女の子たちはまだいい。彼らはあまりちゃんと働けてないから
目に留まるのはムリがないんだけど、彼は私にもかなり文句があるらしい。

彼は今日わたしにこう言った。
"You make my job harder"
"These kids start asking me more stuff they don't need"
わたし的は、「はぁ????」です。
"I am just doing my best"と言ってもう他に何も言いたくなかった。
別に怒っていたわけじゃないけど、ほんとうぜーーーっって感じだった。

要は、わたしがヒール&レースパッドを使ってテープをすることとか?
別に使うのはわたしの自由なのに、選手が彼にパッドを使って、って頼んだだけ。
そしたらそんなものはいらないんだーって言ってそれが無駄だと。
彼はこの時代になってレースパッドを使いません。しかも、ヒールロックをしない。
だからテープが緩くて、選手はあまり好きじゃない。
選手がもっと巻いて、もっと巻いて、って頼んでくるから、それも好きじゃない。
わたしにテープ待ちの列ができていると、かなり不機嫌に怒鳴り散らすんです。
この前も書いたけど、30年以上テープしているからそんな小娘より良いんだと。
そういうことをわたしを目の前に言ってくれちゃうから、面白くしてくれます。

オフェンスのボールを投げるポジションの選手は、出血のときにテープを巻かれるのがキライなのは、たぶんどこも同じだと思うし、ましてやプレーに影響するから
わたしはいつもバンドエイドに白い粘着テープ(これなんだっけ?名前。。。)を
上から重ねて、汗をかいても取れないようにします。それも無駄だと。
いったい何をやっているんだ?!と。見ての通りだけど・・・。
いつも来てないから選手が何が必要か分からない。誰がストレッチテープで巻くとか
どういう特別なテープが必要か、とかね。わたしt同じにしないと選手もこまごまと
注文するから悪いんだけどさ、、、大人しくしてろってーの。w

今日はスパットのほうが靴が脱げなくて良いんだよね、足首は弱くないし
テープしているのはそのため、、、っていう子にやろうとしたら
うちではスパットはやらないんだ!外せ外せ!!!!と言われ。
そんなこと一度も聞いたことありませんし、効果がないのは知ってるし
でもこの選手は靴が脱げないようにするために巻くんですけど・・・・
っていうね。選手が「ごめんね、Ms.Kana。」っていうもんだから
「良いんだよーストレッチで巻くからキツくならないよ」と二人で慰め合い。

試合中。
ケガが出ると、すべて、ほぼ100%彼がぜんぶ持って行きます。
わたしには触らせても、報告もしてくれません。
わたしは選手の様子を見て痛そうにしている子供がいたら声をかけて対処。
彼はそういう選手を横からすべて持って行って、コーチに報告。
わたしにはそういう役目があるはずなんですけど、全く持ってできてません。
むしろこの試合中の切羽詰まった状態での判断なんかを学びたいんだけど
そのチャンスすらもらえてません。選手はわたしに報告してくるけど
それをコーチに言ったりするのは彼の仕事になっている。
このまえ、それでかなり誤解が起こり問題があったけど、現場で把握しているのは
たぶん自分だと思うんですけどね。けど、電話なりなんなり、遠くから
連絡をする人がいて、本当に現場で起こっていることが理解されていなくて
あとから私が言われる。コーチには自分が言うから、といわれる。
けど、練習前で時間が迫ったときにいちいち手間をかけるわけにはいかないし
それこそその場できちんと判断ができない、というので私の信頼問題にもなる。
最低限分かることはきちんと言うようにしているけど、わたしとボスが言ってることが
もし少しでも違えば、それはうちらの連絡ミス、ということになるし。

分かっています、自分がアシスタントという立場であることは。
何度も自分に言い聞かせる。何をしても、結局彼がいる場所では2番手に回らなきゃ
いけないし、サポートするのは当然のことだと。
それでしっかりと彼のする評価に従って、わたしも行動できればいいんだが。

申し訳ないけど、過去にも彼の言ってることにほとんど納得できない私。。。
それが本当に今のベストなの???って聞いてしまいたくなるような。
すべて完璧にやろうとする姿勢は、かなり改善しようと試みているけど
結局ね、、、自分のなかにある根本の部分はいまだに変わっていないから。

こんなかんじで、やりたいこと、いつもやっていることを試合の時だけ
むしろ試合のときに限ってやらせてもらえず、ふつふつイライラ・・・・・
選手たちにも伝わっているだろうな・・・・
なんでそんなこと言われなきゃならないんだ?っていうのもかなりあるし
わたしは間違っていること、悪いことなんてしてませんけど、、、。

今日試合前のテープアップのときも、試合中も、あこれじゃいけない!と思って
何度も気持ちを切り替えようとしたけど
逆に自分のできないことが目に見えてそこにあって、なんかなー、、って思った。
自分が望んでいることじゃない、けど、私にはそれを変える権利がない。
だからその中でできることを探せば良いんだけどね、欲ばりなだけです。
JVのゲームが楽しかったな〜〜誰にも邪魔されずに好きなようにできた。
その中で自分で足りないものも分かるし、足りなくても補える。
Varistyだと、どうしてもね、いつもやってることができないから、、、、
で、あぁやって人の気持ちを考えないようなこと言われちゃうからね。
子供たちのほうが分かっているよってね。彼らに分かってもらっているはいるけど
それだけじゃダメなんだよなーっていう気持ちとt、どうにもできないのと。
自分の立場を理解するたびに、かなりの虚しさに襲われる。

あーあ。勝ったのに!待ちわびていたのに!!
わたしはどこまでこうなんだろーなー。もうちょっとゆとりを、と思っても
それを自分のどこかで許せなくなっている。
できない自分に対する悔しさと、やらせてもらえない悔しさとでいっぱいになる。
それでうまく機能してチームが勝てればいい、、、とそんな都合のいいようには
ちょっと状況的に考えられなくなっている。

今日女の子のひとりにもう一度チャンスを与えることにして
ボスに話をさせた。ちゃんと謝ること、どうしてそうなったか説明すること
もう一度トレーナーに戻りたいというその気持ちを伝えること、、、って
言いに行く前に言ったのに、彼の目の前に言ったらまた言い訳をしだすから
「そーーーーーじゃないでしょ!」ってまたまたお説教。。。
この子たちは、物事をまっすぐにするっってことを分かっていないっす。
まーそう考えたらそれができる人のほうが少ないけどね。。。
衝突しても話をして分かり合えて、どちらかが折れることができるくらい納得できれば
ぶつかってもそのあとの絆が深まると思うんだけどな。
ちゃんと納得してくれました。そして自分の口からもう一度やりたい、って。
涙を流してまでやらせちゃったけど、彼女も学んでくれたと思うしよく頑張った。
こうやって、どういう風に人生を乗り越えて行くかって分かるんだと思うんだけどな。
極端だな、、、と思う反面、避けては通れないことだと思うから。

いろいろありすぎです。自分にコントロールが効いてないのがよく分かる。
けど、仕事をするとなれば、目の前のことをやるだけでそのときはいっぱい。
あとから考えると、もっといい方法があったな、、、とか思うことはいっぱい。
まぁ、いつもこうやって同じこと繰り返しているけどね。
爆発するまえに何かしらの方法で話すべきだよな、、、けどそれは単に私が
どうやって解釈するか、ってことに寄るんだろうか。
今のままでは、正直何が良くて何が変えた方がいいのか、自分でも分からない。
これが分かれば、自分の進むべき方向もなんとなく見つかる気がする。


フットボールのゲーム、レギュラーシーズンはあと2つ。
とりあえずこれが終わるまでは突っ走ってみようかな。
[PR]
by kanaeinoue | 2008-10-25 17:12 | Athletic Training