日本の大学を卒業後、アメリカへ大学院留学。アスレティックトレーナーとして、現在はテキサス州ヒューストンにて高校ATCとして勤務中。資格を取ってもまだ日々勉強です。4年ぶりの都会暮らしを楽しんでます☆


by kanaeinoue
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

布施

昔ノートにメモした陸川語録を紹介したいと思います(笑)
わたしが言われたのは、このなかのひとつである「顔施」だったんだけど
ATが与えられるもののひとつだな、と感じます。
よいATの人達はみんな顔で会話ができるというのは前から思ってたし。
顔で施す。笑顔で、相手を受け入れる気持ちで接すること。
新しいチームでやるときって、この大切さを実感するからね。

笑顔を絶やさず、がんばりましょう〜。

コピーです↓
********
布施にはいろいろな形があります。ここではそのいくつかを紹介していきたいと思います。
 先ず、みなさんがよく知っている「お布施」は「財施」と呼ばれるものです。言葉通り、財産を施すことです。法事やお葬式の際にお坊さんはお経をあげ、時には法話を行い、その後、檀家さんはお坊さんにお金を渡します。実は、この法事でお経を読むことや、法話をすることも僧侶が行う布施の一つなのです。お経を読んで正しい仏様の教えを説くこと(法施)や、法話やご祈念によって恐怖を除き安心を与えること(無畏施)は僧侶ならではの布施の形です。ですから、檀家さんと僧侶はお互いに布施の行を行っているのです。
 次に、布施は僧侶と檀家さんの間だけで行われるものではありません。いつでもどこでも、誰にでも行うことの出来る布施もたくさんあります。ここでは『雑宝蔵経』というお経に説かれている、お金を使わないで行う七つの布施(無財の七施)を紹介しましょう。

一、優しいまなざし(眼施)
仏様のような優しいまなざしは人を快い気分にさせてくれます。相手に対する優しいまなざしも布施の一つなのです。

二、おだやかな顔(顔施・和顔施)
眼だけでなく顔も同様です。おだやかな顔は周りの人もなごやかな気持ちにさせる力を持っています。

三、優しい言葉(言施・言辞施)
口先だけのお世辞ではなく、心のこもった言葉をかけると、相手を幸せにすることが出来ます。

四、もちろん行動も(身施・力施)
箸蔵寺奉賛会の事務局長がよく言われる言葉に
「知恵の出ないやつは汗を出せ。」
という名言がありますが、汗を流して人のために尽くすということも、もっとも尊い布施行の一つです。

五、相手の気持ちになって考える(心施)
相手を思いやる慈悲の心を持つことも大切な布施の一つです。

六、譲り合う気持ち(座施・床座施)
座施とは座っている場所を変わってあげるという意味ですが、座席だけでなく、全てのものを分かち合い、譲り合う心が大切だという意味が含まれていると思います。

七、親切なおもてなし(舎施・房舎施)
舎施とは、一夜の宿を貸してあげる意味というです。それ以外にも困っている人を助けてあげること全体を指しているといえます。

これら七つの布施は、財産に関係なくいつでもどこでも、そして誰にでも行える布施です。
[PR]
by kanaeinoue | 2008-06-12 13:37