日本の大学を卒業後、アメリカへ大学院留学。アスレティックトレーナーとして、現在はテキサス州ヒューストンにて高校ATCとして勤務中。資格を取ってもまだ日々勉強です。4年ぶりの都会暮らしを楽しんでます☆


by kanaeinoue
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

Always There.

最近、トレーニングルームにめっきり人がいません。
わたしは今バスケのリフティングの時間にATRにいることが主で
週末にフットボールの練習を手伝っているのですが
なんだかんだ週に30時間近く働いています。。。
ちなみに規定は20時間らしいんですけど、そんなの考えて働いてません。

単に、男女のバスケの選手に見つけられて、リハビリやって、って言われるし
フットボールの選手には別に好まれなくてもなんでも、人がいないから
私がやるしかなく、、、昨日なんて選手が7、8人いたというのに
ATSは2人、、、スタッフもいないし、なんじゃこりゃ???でした。
せめて決められてる人くらいちゃんと来てやろうよ、、、
てか、フットボール担当誰よ、、、しっかりやれってば、、、っていうね。

タイトルにも書いたけど、自分が必要とされているからには
常にそこにいる、っていうのが大事だと思うんですけどね。
たしかに、去年のわたしにはそれが書けていたと思います。自覚ありです。
でも、必要性を感じなかったんだもん、、、、超言い訳だけど。
でも今は、勉強の必要性と、実習での自分が働く必要性を感じるわけなので
自分としては、いい感じの流れなのですな。おしおし。
ということで、文句はこの辺にして自分のことに集中します。

あとちょっとしかないのねーーーあまり実感が沸かない!

そうそう、今日男子バスケの選手のストレッチをしてていろいろ話をしてたんだけど
去年ぬっきーさんのところでお世話になったときにいた、Assistant coachの息子が
UNOにいた!!!これにはもーーーびっくり!!!
そーいえば、、、顔が似てるなぁ、、、と言われれば気づく。。。笑
でも今日まで知らなかった。。。他の選手に、「あいつのお父さんはNBAのコーチ
してるから、なんか知ってるかもよ。聞いてみれば?!」みたいなことを言われて
聞いてみれば、、、いやはや「Takashiでしょ?」って言ってましたよ(笑)
(見てるかな??)とりあえず、かなり懐かしい感じでした。
お父さんはBobcatsだもんねーすごい!なんか意外な縁を感じました。
そして、親切なメールもひとついただき、感謝。こういう対応してあげれるATCに
なりたいな、と思いました。
おっし、続きをやるぞい。
[PR]
by kanaeinoue | 2008-04-09 15:26