日本の大学を卒業後、アメリカへ大学院留学。アスレティックトレーナーとして、現在はテキサス州ヒューストンにて高校ATCとして勤務中。資格を取ってもまだ日々勉強です。4年ぶりの都会暮らしを楽しんでます☆


by kanaeinoue
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

女として。

遠征から帰ってきたのは、朝の7時近くでした。
11時に試合が終わっても、D2の学校はホテルに泊まりません[m:78]
夜中ずっとバスで寝ていたので、着いた頃には全身ガチガチ・・・
けど、私はいつでもどこでも寝れるので、かなり役立っている特技です。笑

今回はボスなしで一人で遠征に行ったので、かなり良い経験になりました。
(もちろん、男子はATC付きだったので、まったく一人ではなかったけど)
いろいろ卒業してからのことを想定しながら、考えて動きました。

気づいたのは、しみじみ、私はまだまだ発展途上だなぁ、ということ。
アメリカに来て、いろんな意味で度胸はついたけど
自信がどんどんなくなっていったな、と思う。
本当は自信をつけに来たのになぁ、、、なんて思ったりもするのですが
大学のときひとりでチームを見ていた時は「自分だけしかいない」
という責任感があって、どんな決断にも自信を持たなければいけなかった。

それが、ある意味今は守られていて、自分の判断に委ねられていない
ところが、逆に自信には繋がっていないんだな、と思う。
そういう気持ちでここ1年ちょっと、ようやく再び固まってきたかな。
まだまだであることには変わりないけど、変化はしているな、と。

これから先も向上していくことは忘れず、ちゃんと一歩ずつ進んでいきます。

そして、めっちゃ前置き長いですけど、ここからが本題。

今回の遠征では、コーチとしっかり話す機会がありました。
ちょっとした世間話なんかはするけれど、ちゃんと自分のことを話したり
コーチのことを聞いたりすることは今までなかったので
すごい良い時間だったな、と思います。

なんで私がアスレティックトレーナーを目指すようになったのか、とか
卒業したらどうするんだとか、家族のこととか・・・
私の話は、ま、置いといて(笑)
コーチの話は、とっても印象的でした。

大学スポーツでもなんでもそうだけど、女性のヘッドコーチほど
難しい立場にあるプロフェッショナルはそうそうないな、ということ。

置き換えが効かない、自分がチームを指揮しなければ動かない。
そういうプレッシャーの中でまずチームをリードしていくこと。
確かにこれだけだったら男性のコーチも同じだし、責任は一緒。

けど、女性には必ず家庭というものもついてくる。
一生家庭を持たずにずっとキャリアを追求していきたいって言う人は少ない。
彼女はずいぶん前に結婚して子どももいるけど、
子供が3ヶ月にならないうちにデーケアに預けて働き始めたそう。
アメリカのお母さんならけっこう普通のことだったりするんだけど、
自分の子供のことが常に頭から離れないのに仕事をしなければいけなかった
のが本当に辛かった、と。
いろんな人の助けを借りて、子供の世話をしている、みんながいるから
今コーチとしてバスケットを教えていられるんだと。

そして、コーチであり、妻であり、母であり、先生であることの
それぞれの役割、、、常に自分がそれぞれで良い役になれているか
いつも自問している、って話してくれました。
良いコーチか、いい妻か、いい母親か、いい先生か??ってね、、、
そんなに器用にたくさんのことをうまくやれる人間だとは思ってないし
子供との時間が過ごせないのも、旦那さんとの時間が少ないのも大変だろう。

でも、彼女の娘さんは本当に可愛らしくて、人が大好きで
いつでもどこでも楽しそうにしてます。
こっちまで見ていて幸せになれるくらい、キラキラで・・・
コーチはただただ自分の娘を”She is perfect.”と言えるのが素敵だなと。
あまり時間は一緒に過ごせないけど、その短い時間は100%
子供と接して、楽しんでるから、って、それが愛情として
しっかりとベイリーに伝わっているなーって思いました。

すべてを完璧にすることはできないかもしれないけど
コーチのやる時はそれに向かって全力投球、という姿勢はほんとに
見ていて伝わってくるし、しっかりといろんな意味で成功している女性。

ちゃんと女としての自分も忘れず、おしゃれだし綺麗にしてるし
ドスンとしたイカつい女性コーチではなく、スタイリッシュです。
旦那さんの協力もすごいと思うけれど、やっぱりコーチはすごい。
こいう生き方をしたいな、、って思うのは、私だけ??
ま、コーチは自分の仕事の都合で旦那を転勤にさせちゃう女ですけどね。笑
すごいねーヘッドコーチって。。。恐れ入りました。
わたしもそんな風になってみたいもんだ。別に主婦がイヤって訳じゃなくて!
なんかねー下手に強がらないでやりたいことやって場所を求めて
そして周りを巻き込んでいくのがとっても魅力的なのです。
一人じゃないから、というので負担もあるけど、その中の絆の深さも
感じ取れることができて、、、良いなぁって思いました。

チームは相変わらず全然勝てないけど、コーチにとってこの試練は
選手1人ひとりがちゃんと受け止めて、残り2試合頑張ってもらいたいな
と思います。私はそれほど勝敗には関係してないけど・・・
ちゃんと水とタオルは配りますから(笑)これが1割くらいになるかな??

自分の将来とも重ね合わせて、とっても為になる話をすることができました。
コーチのためにも、あとちょっと頑張ります。
[PR]
by kanaeinoue | 2008-02-25 19:27