日本の大学を卒業後、アメリカへ大学院留学。アスレティックトレーナーとして、現在はテキサス州ヒューストンにて高校ATCとして勤務中。資格を取ってもまだ日々勉強です。4年ぶりの都会暮らしを楽しんでます☆


by kanaeinoue
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

Cowboy = Samurai

Cowboy Ethics
1. Live Each Day with Courage
-There is more to courage than jumping into a river to save someone's life. It is also being willing to speak up and say that something isn't right - even if that means going up against partners, colleagues, or superiors.

2. Take Pride in Your Work - What your teacher told you back in first grade still holds true: Anything worth doing is worth doing well.

3. Always Finish What You Start
Let's face it - these last few years haven't been the easiest of times. But on days when thing seem especially rough, I think about what it must have been like on the open range in the middle of a blizzard, and I tell myself, "Cowboy up."

4. Do What Has to Be Done
It's not always easy to do the right thing. But nobody said it would be.

5. Be Tough, But Fair
If you ever find yourself questioning what's fair in any given situation, all you have to do is ask, "How would I want to be treated?"

6. When You Make a Promise, Keep it
If you think about it, investors only need two things from Wall Street: - someone they can trust - someone they can count on.

7. Ride for the Brand
If you work in the investment industry, make no mistake about where your loyalties should lie: The client comes first - not when it's convenient, not when you feel like it, but always.

8. Talk Less and Say More
I've learned over the years that when it comes to communicating with clients, the most important rule is keep it simple...keep it true.

9. Remember That Some Things Aren't For Sale
Our industry is known for being full of smart people. But think about it: How smart can we be if we don't value our reputations about all else?

10. Know Where to Draw the Line
Just because something isn't illegal doesn't mean it right.

What Wall Street Can Learn from the Code of the West - by James P. Owen

1.勇気を持って毎日を過ごしなさい
川に飛び込んで誰かの命を助けることよりも強い勇気がある。たとえまわりを敵に回しても、時には声を上げてそれは正しくない、と言う事も求められる

2.仕事にプライドを持ちなさい
あなたの先生が小学校1年生のときに教えてくれた事はずっと真実である。やって価値がある事は何でも価値があるものだ。

3.一度始めた事は最後までやり通しなさい
よく見てみなさいーここ何年かの間は決して容易い時間ではなかっただろう、しかし、困難なときにこそ、吹雪の中に開いた隙間ができるに違いないと感じ、自分に「Cowboy Up (乗り越えろ)」と呼びかける

4.やるべきことをやりなさい
正しい事をすることは時に簡単ではない、でも誰もそうとは言わない。

5.不屈であり、しかし公平でありなさい
もしも与えられた質問に対して自分に疑問を感じたら、あなたは「私はどうやって扱ってほしいだろう?」ということをやればいい。

6.約束をしたら守りなさい
人はふたつのことしか必要ないーその人を信じられるか、その人に頼れるかだ。

7.ブランドのために行動を考えなさい
あなたの責任が問われるところでは失敗をしないこと、あなたの顧客が一番に優先されるものだーそれが不便でも好きではなくても常にそうであること。

8.話は少なくとも必要な言葉は口にしなさい
人とコミュニケーションするときには、シンプルである事と真実である事がいちばん大切なことだ。

9.物事は時に容易く売り出せないことを覚えておきなさい
賢い人がたくさんいても、他の何よりも自分たちの評判を評価しないなら、私たちはどれくらい賢いと言えるのか?

10.どこかに線を引くことを知っておきなさい
単に法律に反していなくても、正しくない事があるからだ。

* * * * * *

頑張って和訳してみたけど、なんとなくまとまらないなぁ。
これは授業のスペシャルゲストの30年以上ATCをやっているベテランのおじいさんが
教えてくれたものです。これを見た瞬間に、侍だな、、、と思いました。
やっぱり、なんだかんだ古き良き人間性っていうが大切なんだな、と思った。
自分がどれだけできているかな、、?と思うとちょっと足りない部分も分かるし
スタイルがあることにはしっかり自信を持とう。

インタビューでASUのヘッドトレーナーにも電話で話を聞いた。
この人も32年間、ヘッドトレーナーをしてきたという人。
自分のやっていることに自信を持ち、まわりの協力を得て職業を確立することの
大変さを何度も味わってきた人なんだろうなぁ、、、
こういった先人たちがいてくれたから、今の学生が勉強できる環境があり。
でも、経験と言う意味で、現場で使える人がどんどんと減ってきている事実があり。
どこに進むのだ、ATC,,という気がしてならなかった。

これからも問題はつきまとうかもしれないけど、がんばっていきましょう。
カウボーイ、もしくは侍スピリットでね。
あ、やまとなでしこでもいいかな?笑 女バージョン。
[PR]
by kanaeinoue | 2008-02-01 02:56