日本の大学を卒業後、アメリカへ大学院留学。アスレティックトレーナーとして、現在はテキサス州ヒューストンにて高校ATCとして勤務中。資格を取ってもまだ日々勉強です。4年ぶりの都会暮らしを楽しんでます☆


by kanaeinoue
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

South Dakota - Play Hard

遠征から帰ってきました。2時間は楽ですねー、すぐに帰って来れちゃう。

今日の試合は20点差くらいつけられて負けました。
相手はDIIでも"ranking 6 in the country"らしく、観客も多いし
大きなドームもなかなかのものでした。あのドーム、良いなぁ・・・
とは言いつつも、やっぱり同じDIIなんだし、大した実力差はないと思ってたのに。

何回かシーソーゲームを繰り返して、最後には相手の連続3Pで離されました。
こういう試合って、どこかで選手の気持ちが切れてしまうところからです。
みんなスタッフは言ってました「今日は一生懸命プレーしてなかった」

いつもならできるプレー、いつもなら入るシュートが決まらない。
そういうときもあるけれど、その雰囲気にのまれてしまうのが
うちのチームの一番弱いところだと思うんだけどな。
それから、あまりにもセットオフェンスに固執し過ぎて、大事なところで
10n1に行く選手がひとりもいない、、、チャンスはそのときにしかないんだから
コーチからの指示で1on1に行ってもそのときはもう遅いもんな、、、

もっとアグレッシブにハードにタフにやってほしいな。
ヘッドコーチもアシスタントコーチも、帰りのバスの中はビデオを見直してる。
選手にプレーに集中してもらうために動いてる人達もいるんだから
選手にはPlay Hardは絶対要求したいものだな、、って思う。
なんか、寝てるのが申し訳なかったしね。(うちらは違うとこで働いてるけどさ)
わたしは勉強してました、少しでもお役に立ちたいし、プロとしての自覚を持つ練習。

あー、やっぱり負けず嫌いだな、わたしって。
自分がプレーしてるわけでもないのに、もー悔しすぎる。
勝てるチームにするのって、とっても難しいものだなぁ。

選手がPlay Hardならば、うちらは当然Work Hardでいたい。
もしくはこちらのWork Hardが選手に伝わって、Play Hardになってくれれば良いな。
そんなことを負け試合で思いました。

明日は忙しいぞ〜。
[PR]
by kanaeinoue | 2008-01-25 14:33