日本の大学を卒業後、アメリカへ大学院留学。アスレティックトレーナーとして、現在はテキサス州ヒューストンにて高校ATCとして勤務中。資格を取ってもまだ日々勉強です。4年ぶりの都会暮らしを楽しんでます☆


by kanaeinoue
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

働くことのたいへんさ。

家族のなかでたったひとりの学生だから、わたしはまだ自分の力で生活することができない。明日からバイトをちょっとだけ始めようかな、と思っているところ。自分で使いたいお金は自分で稼ぐかなーと思って。気楽なもんだ。でも、バイトなんかじゃ分かり様がない仕事の大変さ、、、人が働いているだけでもひしひしと感じて来るのに、自分でできるんだろうか??って思う。

ちょっと前、情けないことに「働くことの意味が分からないな、、、」と思うことがあった。自己満足のために仕事をするのか、家族を養っていくために仕事をするのか、欲しいものを買うために仕事をするのか、、、。目的はいろいろあるけど、わたしは仕事のために仕事をしたい、と思っていた。悩みがあるとそれが揺らぐだけの話であって、根本はちゃんと分かっているのにね。

弟は、職人になろうとしている。アスレティックトレーナーもある意味で職人だけど、本当の職人である。でも、まだ20代になったばかりの若僧で、最初の5年で見極められ、次の10年で磨かれ、次の10年で一人前として下を育てる立場になるという。今日、社長さんと話したが、とても熱い良い人だった。下っ端の人を息子のようにかわいがってくれているいい会社じゃないか、と思った。おねえちゃんはびっくりです。

人が働くって、どうしたら楽しくなって、やりがいが出て、生き甲斐になるのか、みんな知っているはずだと思う。それに気づいている人は多いと思うけれど、行動できるかどうかが違うだけじゃないかな。単調な仕事なんてひとつもなくて、単調に終わらせるかどうかの問題。ひとつひとつ、大事にしていかないと、、、と学生のわたしはこんなところからも学ばせていただきました。働いてるみなさまに「お疲れさま」って、心から言おう。
[PR]
by kanaeinoue | 2007-07-30 23:59