日本の大学を卒業後、アメリカへ大学院留学。アスレティックトレーナーとして、現在はテキサス州ヒューストンにて高校ATCとして勤務中。資格を取ってもまだ日々勉強です。4年ぶりの都会暮らしを楽しんでます☆


by kanaeinoue
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

暇なあたまが考える事。

学校へ行っても暇なので、ほとんど何もしないで過ごすことが多いこのごろ。
オフィスでしていることといえば、新しくPhysicalを持って来たときに
書類をまとめるのと、トレーニング関係の勉強くらいです。

友だちとも知り合いのATの方たちとも、よく最近の話題になるのは
ATはいったいどこへ向かっていくのだろうか?ってことなんです。
それは、わたしだけが思っている事じゃなくて、たぶんアメリカ全体
日本全体、世界規模で思われている事なのかも・・・。
もちろん、アメリカと日本は抱えてる問題が180度違うので、それは別で。
そういうことではなくて、アスレティックトレーナーの役割という
もうちょっと根本的なところで、いろいろ考えるのです。

わたしはとりあえず昔からモダリティを使う事と薬を使う事がキライ。
それぞれの効果を分かっているつもりだし、実際に効果があるってことも
経験から見て来ている。
けれど、それがカラダにどれだけの悪影響を起こすか?ってことを考えると
モダリティは?ともかく、それこそ痛み止め、Iontoなどの薬を浸透させるもの、
そしてPillsはどう考えてもカラダに良いとは言えないはず。
けど、痛みを和らげるため、試合に出るためには、多少なりとも体を犠牲にする
ってことは、暗黙の了解になっている。

うちの高校はかなり軍隊式でフットボール選手を鍛えているので
ちょっとやそっとのケガじゃ休ませないし、捻挫くらいならテープも巻かずに
そのまま練習を続けさせるような学校だった。
骨が折れているかもしれない、という選手も病院に行かせるな、とコーチ。
それはさすがにできない、とわたしはかなり押したけれど
ボスもそのコーチの方針に従って、あのくらい大丈夫だ、、っていう
曖昧な評価をしていたし、どうしても現場の安全を守るという立場において
納得がいかなかった件が何回かあった。

薬は高校ではあげられないのだけど、やっぱり選手もコーチも先生や生徒たちも
薬がほしい、と言ってくる。薬がすべてのからだの不調を改善してくれる
と思っている人がとてつもなく多いのがよく分かる。

痛みを我慢してプレーをしていれば、それが良くなるわけがない。
体の治癒を邪魔しながら治しているのだから、治癒過程が遅れるのは当たり前。
そういうことを理解せずにわめき散らすコーチだっている、

アスレティックトレーナーに必要なものは、技術でも経験でもなく
コミュニケーションスキルだということは、やっていれば気づくはずだ。

テーピングをして動きを制限して、プレーをすることはカンタンかもしれない。
痛みを腫れを止めるための薬をあげれば少しは痛みも感じなくなるかもしれない。
このくらいのケガならできるよ、と選手を鼓舞してやらせることもできるだろう。
けれど、その根本的な問題の改善をするとなれば、ATCは完全に無力。
わたしはこいうことをあと数十年もやりたいのか?と最近自分によく聞いている。
ケガを治す事はできない。
けど、ケガが治りやすい環境を作る事が、何よりもリハビリでトリートメントで
大切なことなのではないか??と良く思う。

それゆえに、トレーニング、preventionなどに興味を持っていた。
これは今に始まった事ではなく、高校生のときからだった。
こういうスクワットをしたほうが、ランジをしたほうがケガが起こりにくく
よりファンクショナルな動きになり,ウエイトをここに持ってこういう動き、、、
言うのは、指導するのはカンタンだかもしれないけど、それがどれだけ効果があるか?
ケガが起こる場面と言うのは、トレーニングのときに意識できて
正しく動けていたものが何かしらのアクシデントにより起こるもの。
慢性のケガは防げるかもしれないけど、Acuteはどんなにやり場のない虚無感を
感じても、防ぐ事はできないから。
そうすると、ATってFirst Aidは長けていても、チームにとっては
それほど貢献する、っていう立場ではないんだな、、、とたまに思う。
けど、いなくてはいけない存在ということも、いろんな節で感じること。

なんか、貢献したいんだよなー、きっと。
ただの逃げ場ではなく、癒しでもなく、ココロの拠り所だけではなく。
彼らを鼓舞して、チームのために役割を果たす選手にして、勝ちにつなげる。
そう考えていくと、何がしたいんだろうな、、、と思うわけです。

こういったアスレティックということを考えなければ
いくらでもトリートメントやケアなんかをしてあげるんだけどな。
アスレティックにとって、何が必要か?ということを理解している人じゃないと
なんでもかんでもやってあげる、、、選手の言う事を聞くということに
抵抗がなくなるんだろうか?そんなことはないよなー。

いろいろね、あることないこと、考えるべき事そうじゃないこと、
いーーーっぱい考える時間があるだけ、その内容もどんどん複雑になってきて。
けれど、わたしがやりたいことはちょっとずつ変化しているかも?
と思うのです。それは、もうここ何年も模索しているけど
ATCというひとつの区切りを終えたところで、次に動き出してもいいのでは?
と思っています・・・

どうしたら人とシアワセにできるか?って、この仕事のテーマだと思うな。
チームが試合に勝ったらシアワセ。選手のケガが治ったらシアワセ。
けど、そのシアワセのために体がシアワセじゃないことが多いんだよね。
とっても複雑だけど、そのカラダのシアワセのために何かしたいなぁ
と思うのです。
そういうためのトレーナーであるには、どうしたらいいのでしょう?
セラピストになるべきなのか、、、ってちょっと考えてますが。
とってもこの仕事は好きだけど、何か葛藤が残る。

ま、いますぐどうにもならないので、ゆっくり冬休みの間考えたいと思います。
[PR]
by kanaeinoue | 2008-12-14 04:17 | Athletic Training